『逃げ水』の歌詞、"逃げ水"のウィキペディア説

逃げ水とは、風がなく晴れた暑い日に、アスファルトの道路などで、遠くに水があるように見える現象のこと。

【C102】今年も潜入!コミケの際どすぎるコスプレ総覧(画像あり)

ここは変質者と性犯罪者にやさしい街、無知ックス・シティ

強大な悪と性自認が蔓延るこの街で、すべてを正すために

いま、一人の顔のいい女が立ち上がるのだった……

 

 

 

第一話:女性活動家の目をした女

埼玉が歴史から消滅したある日、日課である領事館での抗議活動を終えたハマベカンナ(職業 : 人の道に咲く花)は、自宅の床下に隠された壺から『Sa○ta Fe』の初版と現金化可能な100兆円相当の100兆円を発見する。

「これは神様からのお告げに違いないわ。神様からのお告げに違いないから地の利を得たわ」

さっそくマカオに飛んだカンナ(趣味:日曜大工)は、しかしスリルバカラで全額スってしまう。こんなことなら姉○設計とビッ〇モーターを買収しておけばと後悔するも、静岡のせいでリニアが開通しない。もう富士山は山梨側から見よう。カンナの奥ゆかしい主張はガジェッ〇通信で大々的に取り上げられ、その知らせは冥界を牛耳る石原慎○郎の耳にまで届くことに。

そんなとき、カンナ(表情:ギリギリ笑ってる)が師と仰ぐ西○敏行似の飲み友達、西○敏行から衝撃的な緊急連絡が入る。

『いいかい、学生さん。良い天ぷらってのは音で判断できるし、煙草を吸う奴は鼻も舌もダメになってる』

さらに追い打ちをかけるかのように宿泊先の廃工場にて陰惨なディープフェイク加工現場を目撃してしまい、追われる身となったカンナ(前世:カナブン)はついに決意を固める。

「わかったわ。世の中にある全ての固有名詞をXに変えるくらいしないと」

人間性を回復するため規定量コンサータを規定量外ブチ込むと、田○真子の写真集を片手にDr.ストレンジの下を訪ねる。お前にはオーセンティシティがあると実力を認められたカンナ(持病:中華料理店症候群)は、顔の良さが社会的地位に直結するよう世界を改変してもらおうとするが、発動寸前に生理が来てしまい……

 

第二話:小胸女性をフラッチェ(flat chest)と呼んだ罪で投獄され

きらきらアイドルになる夢を抱くハムラ・ユーリ(将来の夢:牛蒡)は幼少期の自分に想いを馳せる。

「ねぇ、生物的繋がりの方のパパ。パパとあのメスが出逢ったときの話聞かせて」

「そうだね、ペルソナ・ノン・グラータだね。いいだろう。あれは二年前のクリスマスのことだった。当時パパはトム・クルーズゴーストライターをしていて……いや違った、三年前の春先だ。ん? 五年前の仏滅か? どうも最近物忘れが激しくて困ったものだよ。この前もママの誕生日と下の名前と上の名前が出てこなくてこっぴどく怒られてしまった。いつもわからなくなるんだ。ブラピの元嫁はジェニファー・アニストン? アスニトン? も○クロはさすがにもう全員30代? 星屑の屑となりてってなんだ? 自社さ連立政権の""さ""ってなんだ? ゆ○ぽよ? ゆ○ちゃみ? バッキンガム宮殿でバティストゥータが残高照会? 残高ゼロ? 資産が無くても子供は作れますか? 子供が出来たらディズニーに? 作るためにもディズニーに? 正気ですか? 吉野家とかじゃダメですか? 化学調味料は悪ですか? ウォルデモートよりも悪ですか? ベラトリックスの杖はなぜ曲がってるんですか? カッコいいからですか? 小学生男子ですか? 木刀ってなんですか? 何のために買うのですか? DV? IV? HIV? 正気ですか? こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった。マリファナに生まれたかった。モリイズンミに生まれたかった。杉○彩はギリ食えてない? ユースケ・サンタ○リアは何処に行った? モ○娘も何処に行った? クローゼット?」

【息継ぎタイム(かわいい)】

A○Bは何処に行った? 渡辺○友は何処に行った? つばめよ、高い空から教えてくれ。わたしは渡辺○友に耳かきされたい。膝枕されたい。膝枕されながら耳かきされたい。セーラー服であっかんべされたい。愛されたい。むしろ臍をナメナメしたい。洋子の話は信じるな。あ○みょんはギリギリ抱けるのか? 井森○幸は抱ける。大沢あ○ねは抱ける。安達○実は全然抱ける。天海○希は抱かれたい。竹野○豊にも抱かれたい。BOSSって面白かったな。昔は面白いドラマがたくさんあった。古畑は面白かった。TRICKはチョー面白かった。釣りバカ日誌はちょっとエッチだった。平成はよかった。ドラえもんはわさびじゃなかった。栗○貫一は元気だった。アニメが面白かった。漫画も面白かった。CMも面白かった。武富士ダンサーズがエロかった。正月はかくし芸大会仮装大賞だった。新しい上司はフランス人だった。レインボーブリッジが封鎖できず頭が真っ白になった。誰もがパジェロを欲していた。終わってほしくなかった。ずっと遊んでいたかった。そうだよ、ぼくだよ。ぼくが、ともだちだよ

 

ダンブルドア「どうじゃ。これが憂いの篩の力じゃよ」

 

ユーリ「うっせハゲ。ヒゲ燃やすぞ」

 

組み分け帽「ンンッ!スリズァリンッッ!!ッ

 

第三話:マルコムXテレフォンセックスって同じ語感

◆ショートコント「サミット」

 

[サクチャン:オリジン]

<…………………………

 

[サクチャン:インテリジェンス]

<…………………………

 

[サクチャン:プレステージ]

<…………………………

 

[サクチャン:パラサイト]

<…………………………

 

[サクチャン:メランコリィA]

<…………………………

 

[サクチャン:メランコリィD]

<…………………………

 

[サクチャン:メランコリィK]

<…………………………

 

[サクチャン:ヴェンジェンス]

<…………………………

 

[サクチャン:メタノイア]

<…………………………

 

[サクチャン:インサニティ]

<…………………………

 

[サクチャン:テセラクト]

<…………………………

 

[サクチャン:オリジン]

<…………………………

 

[サクチャン:オリジン]

<…………………………

 

[サクチャン:オリジン]

<…………………………えっと

 

[サクチャン:オリジン]

<…………………………

 

[サクチャン:オリジン]

<…………………………

 

[サクチャン:オリジン]

<…………………………

 

[サクチャン:オリジン]

<…………………………

 

[サクチャン:オリジン]

<…………………………

 

[サクチャン:オリジン]

<…………………………

 

[サクチャン:オリジン]

<…………………………じ、自民党

 

 

第四話:私は領土問題に関する願いを聞く神です

ホーム 真実 秩序と平和 キャルビン・クライン 

スカーレット・ヨハンソソ坂46初ドキュメンタリー映画しらす第73弾ティザー映像解禁<可憐な少女たちの哀歌>

2023.09.01 12:00 22,121 views

嬉しそおに牛タンを頬張るあどけない寝顔のメンバー ⓒNogisaka46 Ni Taisuru Ikibanonai Seiyoku, inc.

アイドルグループ、スカーレット・オハラ坂46がフルキャストで主演を務める映画「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」の本予告映像がタウンページ上で初公開された。同映画は三億円事件さくらんぼを博論のテーマとしており、引退した伝説の殺し屋が大切なものを奪われたことで裏社会に復帰し、たった一人でロシアンマフィアに復讐していく様を描くアクション・スリラー。

メンヴァの素顔に迫る禁断のカット解禁

今回公開されたティザーでは、コロナ禍における活動の制限や環境の変化、税金対策や性的搾取に苦しむメンバーの姿がとても印象的に映っている。

時にはMP7A1を乱射する場面も ⓒNogisaka46 Ni Taisuru Ikibanonai Seiyoku, inc.

「顔面も額面もそんなに意味は変わらない」

グループからの離脱を考えるメンバーがヒマラヤの秘境を訪れるシーンでは、実際に演者本人が崖からバイクで飛び降りるというシリーズ史上最も危険なアクションが展開される。撮影にあたって予備を150人用意していたと後に監督が漏らしたが、アクションに挑んだニシノ=ナナセ・フタタビは自身のインスタで「100人くらいで済んだ」と反応。

グループを率いるものにしか分からない苦悩とは ⓒNogisaka46 Ni Taisuru Ikibanonai Seiyoku, inc.

十年の歳月をかけて練られた脚本はまさに賛否両論

ネタバレになるので詳細は控えるが、物語はルーブル美術館で館長が変死しているのを発見されるところから始まり、新聞社にロールシャッハの日記が届けられるところで終わる。この続きは是非劇場で確かめてほしい。

ラストシーンで前作と繋がる粋な展開も ⓒNogisaka46 Ni Taisuru Ikibanonai Seiyoku, inc.

スカーレット・バイオレット坂46のドキュメンタリー映画ザ・ディープステート ~悪魔と取引した男たち~」は三日より全国順次公開。監督はロマン・ポランスキー、音楽はハンス・ジマー、キャストはユアン・マクレガージュード・ロウジャン・レノラッセル・クロウピアース・ブロスナンヒュー・ジャックマン渡○謙真○広之ほか。

 

第五話:奇遇ですね、私はワンルームのアパートでちゃんとスリッパを履く女性です

そば屋「最近マジちょーだるいんだけど」

平塚「わかる、てかウニ丼食べたくない?」

みゅう「むしろウニの方から食われに来いって思ってる」

平塚「ウケる。ウニがあのボキボキ折れる脚で転がってくんの?」

そば屋「伊○潤二で読んだわ、そういうの」

みゅう「いや卵巣だか精巣だかイチイチ剥ぎ取るの面倒だからやっぱウニ丼が来てほしい」

そば屋「剥ぎ取るヤバい。つかいま思ったんだけど魚貝類の天敵って人間とかじゃなくて醤油じゃね?」

平塚「え、まって天才じゃん。天才じゃない? てことは醤油無かったらマグロとか海の王者だった説ある?」

みゅう「じゃあもう海支配してるの大豆じゃん。大豆つっよ。豆乳飲も」

そば屋(そば屋の娘によく見られる笑い声)

平塚(平塚地方でよく見られる笑い声)

そば屋「あ、そろそろですか? は〜い、わかりました〜。さぁ、始まるザマスよ」

平塚「行くでガンス」

みゅう「ふんがー」

桂○淑「まともに始めなさいよっ!」

 

 ♬~(例の曲 

 

そば屋「はい、今週もはじまりました。ナマコ坂46のフォ。パーソナリティの、たまに喋る観葉植物、遠藤ひらがなさくらと」

平塚「高卒の美食家、平塚マリンと」

みゅう「流しの女子大生です」

そば屋「さっそくお便りが届いています。ラジオネーム《いま、シンガポールにいます。昨日はジンバブエでした。その前はパキスタンカンボジアウイグル自治区……もう地下鉄とかどうでもいい》さんからです。最近朝起きると下腹部が隆起していることがあるのですが……と近親者から相談を受けてなんとなく流れで性体験に発展するやつってあるじゃないですか? あれってどこまでがフィクションで、どこからが美女木ジャンクションなんですか? あと香炉峰の雪いかならむ」

平塚「わたしはダンプカーだと思うよ」

みゅうヤリイカだと思いますけどね」

平塚「ダンプカーじゃないかなぁ」

みゅうヤリイカじゃないですかねぇ」

平塚「ダンプカーだって」

みゅうヤリイカですって」

平塚「ダンプカーだって」

みゅうヤリイカですって」

平塚「ダンプカーだって」

みゅうヤリイカですって」

おばあちゃんペレストロイカ

平塚「ダンプカーだって」

みゅうヤリイカですって」

そば屋社会主義のおばあちゃん出てきた!

平塚「絶対に私の前世はダンプカーだって!」

そば屋「クソみたいな議題だった。あとおばあちゃん全員資本主義だと思ってた……」

みゅう「もう埒が明かないんで曲行きます。聞いてください、仲間由○恵さんで『トゥルーラブ・ストーリー ~恋のように僕たちは~』です……絶対あとでブロンでODさせっからな

 

第六話:おいでシャブ中

マルチヴァースに飛ばされたDr.ストレンジはそこで政府の男と接触する。危険が迫っていると忠告するも、政府の男は聞く耳を持たなかった。

「忠告には感謝する。しかし我々の世界にもアヴェンジャァズは存在していてね。きたまえ」

T○Cスタジオへと連れてこられたストレンジは自身の目を疑うことになる。

 

指原○乃「あ、お疲れ様でーす」

若槻○夏「あ、お疲れ様でーす」

朝日○央「あ、お疲れ様でーす」

渋谷○咲「あ、お疲れ様でーす」

ファーストサ○ーウイカ「あ、お疲れ様でーす」

堀未○奈「あ、お疲れ様でーす」

池○美優「あ、お疲れ様でーす」

田中み○実「あ、お疲れ様でーす」

弘中○香「あ、お疲れ様でーす」

 

呆然とするストレンジ。政府の男は勝ち誇った笑みを浮かべる。

「どうだ、ぐぅの音も出ないだろう。ひとたび彼らが通ればペンペン草も生えない」

通りすがりの子供「あ、昭和にしかない表現だ!進研○ミで習った!

母親「コラッ!! 鄧小平から降りなさいッ!!」

ZA○Y「なんそれ!」

 

第七話:キセル? キセルなんて誰も言わないの。この辺りじゃあ薩摩守。(前編)

◆ショートコント「サミット その2」

 

[サクチャン:モーガン・フリーマン]

<…………………………

 

[サクチャン:ヴェイダー]

<…………………………

 

[サクチャン:賀喜◯香]

<…………………………

 

[サクチャン:サマンサタバサ]

<…………………………

 

[サクチャン:オケラ]

<…………………………

 

[サクチャン:ロックンフラワー]

<…………………………

 

[サクチャン:ラマヌジャン]

<…………………………

 

[サクチャン:オリジン]

<…………………………

 

[サクチャン:オリジン]

<…………………………

 

[サクチャン:オリジン]

<…………………………

 

[サクチャン:エンドウ豆]

<…………………………あの

 

[サクチャン:オリジン]

<…………………………

 

[サクチャン:オリジン]

<…………………………

 

[サクチャン:オリジン]

<…………………………

 

[サクチャン:オリジン]

<…………………………

 

[サクチャン:オリジン]

<…………………………

 

[サクチャン:エンドウ豆]

<……さ、さ、さいと、しーいんぐ、せぶんでいず?

 

[イミグレ]

Pardon?>

 

[サクチャン:エンドウ豆]

…………タスケテ

 

[サクチャン:インサニティ]

<I'm here to elimin○te the supreme leader.

 

[イミグレ]

Are you on drugs?>

 

[サクチャン:エンドウ豆]

<いえす!

 

 

第八話:1st写真集『恋に落ちた瞬間』Speed Run 完全達成% in 07:58.33 (WR) ※ケツワープ禁止、周遊系カード禁止、パルシェン禁止

大好き(嘘だよ~)

2023.09.05 23:05







やっほ~






縺ソ縺�だよ🌸





気づいたら夏も終わっちゃいますねぇ
今年の夏は全国ツアーが忙しくて(ありがたいことに!!!)あんまり夏っぽいことできなかった〜(-_-)
あ、でも国後公演のときみんなで花火したよ!!楽しかった!!!!





そうそう、今回はツアー最多となる全国四都市を回らせていただいたんだけど、わたしはこのグループに入ってもう七年くらいかな?七年くらい経つんだけど、まだまだメンバーの知らないことがたくさんあるんだなって気付かされたし、なによりそんなメンバーの素敵なところをたくさん見つけてくださる皆さんが、ほんとに、とても素敵だなって改めて感じました

いつもありがとう




 

イカおいしかったーーーー
いえーい



あと今回はとにかくメンバーに助けられたなって
択捉の時ね、始まる直前に突然ステージ立つのが怖くなっちゃって、あ、ちょっと今日ダメかもしれないって思っちゃったんだよね(今はもう大丈夫だからね!!!)

【写真】留守中の夫が見つけた驚愕のものとは?意味や具体例をわかりやすく解脱


でもそしたら同期の蟷ウ蝪壹�繝ェ繝ウがすぐに豕ィ蟆�持ってきてくれて
これ一番高いやつだから、ほんと秒で効くからって
やっぱりキャプテンはみんなのことよく見てるなって思ったよね。だからわたしも逆に全力でみんなを支えにいかなきゃって気にさせられたよ!!

うおおおおおお!!!! (⇠発光してる)



注:お使いのデバイスでウイルスが見つかりました
☣警告☣
システム上でスパイウェア(8件)が検出されました。

あなたは今、ウイルスを削除しない場合、それはあなたの携帯電話に重大な損傷の原因となります。ここでは、(ステップバイステップ)を行うために必要なものです:

ステップ1: ボタンをタップしてインストール

ステップ2: りんかい線の始発で国際展示場に行く

ステップ3: ここに10万人の宮崎さん家のツトム君がいます!!

無料ダウンロード

あなたの大切な情報を今すぐ保護しましょう



あっ!あと一個訂正させて笑


たしか歯舞公演の二日目だったと思うんだけど、
喫煙所で出番待ってるときに、メッセで写真と文章を一個ずつ送らせて貰ったんだけど(メッセ取ってくれてるよね?|д゚))
文章の方わたし間違ってたね笑

で、その間違ってたところなんだけど、マネージャーさんに言われてさっき気づいたんだけど、わたしがわたしであるためにしていることってわたしに返ってくるんだなって思ったよ。なんとなれば存在の本質とは、存在に対する個人的な経験の副産物だもんね。だから「みんなの存在に対するわたしの経験」が「ライブに対するみんなの個人的な経験」にあるなら、ライブというかステージ自体は、実際はわたし個人の経験の心的内容の骨組みなんじゃないかなって最近ようやく気づいた。

この目に映るすべてのものは、崩壊して消えゆく定めにあり、自然は常に同じだが、その中にあって目に見えるものは一つも残らない。我々は自然が見せる演技のスリルをその要素と共に、あらゆる変化の様相と共に表現しなければならない。永遠なる自然を味わえるものでなければならない。
ジョワシャン・ガスケのこの言葉を今日も胸に留めとこうと思います。



最後に夏のおもひで~~~
今年の夏は夏っぽいこといっぱいしちゃった^^
これもみんなのおかげだよ~



 

 

 

 

 

 








またね~






本日の一曲⇢gl○be/DEPARTURES
#215(ここが あの女の ハウスね……!)
































人の心って皆んなだいたいこんな顔してる

第九話:へっへっへ、面白れぇ女

そば屋「資本主義の限界ってまさしくそこにあるよね」

みゅう「危険は亜米利加が革命の原因を誤解したときのみ起こるものだからね」

平塚「わかるわかる」←わかってない

そば屋「それでは続いてのお便りいきます。《怪しいお米セシウムさん》からです。みなさんはオススメのアニメとかってありますか?」

みゅう「もう一生ちび○る子ちゃんでも観てろよ」

そば屋「もう一通来ています。みなさんはオススメの漫画とかってありますか?」

みゅう「もう一生のんの○びよりでも読んどけよ」

平塚「さっきから一言で終わらすのやめてくれる?」

みゅう「そのために大学入ったので」

平塚「なんだお前。え、喧嘩売ってんの?」

そば屋「そうですね。わたしは最近だと『女の園○星』はすごく好きですね。女性として共感できるところもいっぱいありますし」

みゅう「ソンナコトナイヨ〜(feat.日○坂46)」

目の前の机が吹っ飛ぶ

平塚「おい。表出ろよ」

みゅう「こーわ。平塚の悪いところ全部出てるわ」

そば屋「あとは……すごくベタになっちゃうんですけど『帰宅部活○記録』はやっぱり面白いですよね。お嬢様的なキャラの子が一人いるんですけど、その子が「さすがに埼玉には別荘ないわよ……」って頭抱えちゃうところがすっごく好きで」

平塚「あのさ、こっちは別に何も思ってないのよ。あなたに対して。だけどわたしなにかしたかな?」

みゅう(スマフォで漫○村読んでる)

ブースの壁が吹っ飛ぶ

そば屋「キャラが好きで言うと『ふら○んぐうぃっち』に出てくる女の子たちはみんな好きですね~。設定もすごく良くて、魔法ものの作品のなかだと一番好きかもしれないです。ほんとうに心がじんわり温かくなるんですよ」

平塚「オゥゴラァ。なにスカしとんじゃワレェ」←みゅのスマフォを握りつぶしている

みゅう「スカしてんのおめぇだろうが。ヤりてぇならとっととヤりゃいいじゃねぇか、オゥ」

そば屋「ただ一年に一回しか新刊出ないんですよね~」

平塚「だから表出ろっつってんだろ。こんなもう腰抜けてんのか」

みゅう「あぁ? 誰に向かって言っとんじゃこのチンピラァッ」

浜松町のオフィスビルが吹っ飛ぶ

そば屋「『女子○生の無駄づかい』も好きですね。個性の強い人たちばかりなんですけどなんやかんやでみんな仲良しなんですよね。あ、担任のあだ名が""ワセダ""なのめっちゃツボです笑」

平塚「……ラァ……ッ……」←おでこくっつけてメンチ切ってる

みゅう「……ッスゾ……」←二人とも脚が長いのでジーパンがよく似合う

そば屋「あぁでも、個人的に一番好き……棺桶に入れてほしいくらい好きなのは『+チッ○姉さん』ですかね。男の子と女の子で男の子を取り合ったりするんですよ。あとはホタテが「もう密漁されたくないッ!!」って言って自爆したり」

平塚「オラ引けよ引いてみろよ」←互いに銃口を相手の顎の下にあてている

みゅう「てめぇが引けよ。ビビってんのかおい」←二人とも酎ハイとビールが好き

そば屋「女の子が女の子で散らしちゃったり、ルッキズムに反対したり、とにかく愛が詰まった作品なので、是非読んでみて欲しいです」

平塚「熱いんだろ? ほら熱いですって言ってみろよ」←互いに菜箸でおでんのタマゴをほっぺにあてている

みゅう「我慢してんじゃねぇよ。女の子みたいにピーピー泣いてみろよ」←二人ともおでんのつゆで酒が飲める

そば屋「ちょっとテンション上がってしゃべりすぎちゃいましたね、ごめんなさい。えっ、はい、はい。いまスタッフさんから教えていただいたんですけど、どうやら米中で核戦争が勃発寸前らしいですね。でも……うん、日本には齋○飛鳥がいるから大丈夫じゃないですか?」

平塚「もう限界じゃない? いいんだよ? 降参しても」←互いに相手の鼻に小銭を詰め込んでいる

みゅう「今なら引き返せるけど? はやくしないと裂けちゃうよ?」←小銭はスタッフから借りた

そば屋「えっ……齋○飛鳥は競合になるためAMMA飛○マウス、街にあらわる。は発動されない? なんの競合? じゃあ白石○衣キャプテン・マァベルは? あっ、いまこの惑星系にいない? 詰みじゃないですか? だから騒いでる? たしかに

平塚これどうやって落とす?←ヒソヒソ話している

みゅうベタですけどもうチュッてやっちゃいますか?←二人ともASMRが好きなため若干興奮している

そば屋「それでは最後に今週のプレゼントです。本日番組内でご紹介した《家庭内暴力(初回限定版・非課税)》を抽選で五名の方に差し上げます。キーワードは家父長制。ハッシュタグをつけてスレッヅでリポストしてください。それでは、おやすみなさ~い」

平塚「chu☆」

みゅう「chu☆」

アンビリバボーのビートた○し「のちに! 人類は! 知ることになりますが! なんとこのとき、偶然にも二人の唇の先に量子ゆらぎが発生し、それぞれが米中の核ミサイル発射ボタンとワームホールで繋がってしまっていたのですッ」

 

第十話:扉を開けるときと閉めるときの違いを言えば不同意



すべては核の炎に呑まれた

政府はもはや機能せず

アベンジャァズも存在しない

ここにいるのは

衆愚を愛するシティズン

多様性を鼓舞するネチズン

あとなんやかんや





ハマベカンナとその仲間たちは

秩序を守るべく蜂起を呼びかける

しかし

「動くな! 一人称取締局だ!」

蜂起直前に当局に全員身柄を拘束されてしまう

人々は言った

「今こそ裁きの刻である」と

「顔のいい女は危険因子である」と

「顔がいい上に特定の才能を有するのは意に反する」と





久保栞は言った

「わたしは野球の話しかできません」と

栞は実刑を免れた





次に田村繭はアニメ声で言った

「わたしは料理もできない重い女です」と

田村繭は実刑を免れた





次に屋杜麗奈ぁは言った

「えぇー、でもかわいいですよぉ?」

屋杜麗奈ぁは実刑を免れた





小坂奈於は言った

「わたしはなにもできません」

小坂奈於は実刑を免れた

そのときだった

「待ってください!」

遠藤ひらがなさくらは振り絞って言った

「彼女は足が速いです!!!!」

仲間は非難した

「貴様、同志を売る気か」

さくらは悲しげな眼で涙を湛えたが

小坂奈於は静かに仲間を諭した

「たしかに50m、7.91ですから……」

そして小さな微笑みを残して


光のなかに消えていった





仲間たちは戦慄き、一斉に声を上げた

幼子のように泣きはらす者もいた

「蝉の声 いま静かにして 木の下に宿れるなり」

それはカンナの声だった

誰もがその意味を悟った

希望は潰えた、と





「ダメだった。ごめんなさい」

元帥・新内舞の下を訪れたカンナはポツリと言った

臥せる元帥は緩慢な動きで傍らの机を指さした

引き出しを開けたカンナは目を見開く

「こ、これは……改造済みP○P1000とiP○d Classic。どうして?」

「……使い方はわかるな」

カンナはひとしきり涙をこぼすと、礼を述べて去った





チャンスは一度きり


失敗は許されない


すべてに決着をつけるため



カンナは過去へと至る





果たして





彼女の祈りは届くのか





次 回

 


最 終 話
「腕いっぱいに、胸を抱えて」







最終話:腕いっぱいに、胸を抱えて

◆ショートコント「サミット その3」

 

[サクチャン:オリジン]

<…………………………

 

[サクチャン:オリジン]

<…………………………

 

[サクチャン:オリジン]

<…………………………

 

[サクチャン:オリジン]

<…………………………

 

[サクチャン:オリジン]

<…………………………

 

[サクチャン:テセラクト]

<…………………………

 

[サクチャン:オリジン]

(ぶるっ)

 

[サクチャン:テセラクト]

<…………………………

 

[サクチャン:オリジン]

<……へぷちっ

 

[サクチャン:テセラクト]

(起動音)

 

[サクチャン:オリジン]

<……えっ?

 

[サクチャン:オリジン]

 

 

[サクチャン:オリジン]

 

 

 

[サクチャン:オリジン]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほあああああああああああ
ああああああああああああ

 

 

ああああああああああああ
ああああああああああああ

 

 

ああああああああああああ
ああああああああああああ

 

 

 

 

ア~ア~ アアアア ア~ア

アア~ アアアア ア~

 

 

 

 

ン~ン~ ンンンン ン~ンン

ンン~ン ンン~ン ン~ン~

 

 

ああああああああああああ
ああああああああああああ

 

 

キュイーン

 

 

 

 

 

 

 

 

デデーン

[サクチャン:ストレンジラヴ]

 

 

 

 

☆サクチャンの夏休み日記☆

 

[サクチャン:ストレンジラヴ]

<…………………………

 

[サクチャン:ストレンジラヴ]

<…………………………

 

[サクチャン:ストレンジラヴ]

<…………………………

 

[サクチャン:ストレンジラヴ]

<…………………………暇だな

 

[サクチャン:ストレンジラヴ]

<…………………………

 

[サクチャン:ストレンジラヴ]

<…………………………

 

[サクチャン:ストレンジラヴ]

<…………………………音楽でも聴くか

 

[サクチャン:ストレンジラヴ]

<…………………………

 

[サクチャン:ストレンジラヴ]

<…………………………

 

[サクチャン:ストレンジラヴ]

(ポチッ)

 

 

深愛

深愛

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

 

end.

 

 

次回予告

 

さ~て、次回のお話は~

 

「武内キラリ、犬に噛まれる」

「盛田ヒカル、足が届かない」

「金河サヤ、鰹を知る」

「嘉喜ハルカ、変な声が出る」

「仲西あるの、めんつゆじゃねこれ」

「川咲サクラ、好きな色を選ぶ」

「大苑モモコ、酒焼けって言われる」

「岩元レンカ、キスとかわかんない」

「緒川アヤ、慰安婦的待遇に遺憾」

「渡部リナ、スラムドッグ$ミリオネア説」

「富汰スズカ、車を買わない」

「艶藤サクラ、口を開く」

「小酒ナオ、口を開く」

「久戊シオリ、地元で服を脱ぐ」

「田邑マユ、パラオで服を脱ぐ」

「山ロハルヨ、実家が太い」

「伊上ナギ、下半身が太い」

「彩藤キョウコ、新単位発明」

「池騨テレサ、冠絶する」

「一之瀬ミク、顔がいい」

 

の一本です。

 

今日はとっても楽しかったね。

明日はも~っと楽しくなるよね、フォカヌポウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆おまけ

シトシトピッチャン シトピッチャン

 

 

「Nagiか?」

 

 

「Sakuraだ」

 

 

「他の可能性は?」

 

 

「Mikuはある」

 

 

「Nagiは?」

 

 

「あまり」

 

「Teresaは?」

 

 

「答えたくない」

 

 

どこ見てるの

あゝ、脱衣。【美味海鮮あり】

我々は遠慮がちに、そこそこ幸せな人生を送っている、と言います。
それは、幸せと不幸せでコラージュされた抽象画の中で
生きているということです。

抽象画は多少訓練されたチンパンジーであれば描くことが可能であることが実証されており、それ自体を高尚とする図太さも兼ね備えています。解釈の余白を堂々と押し付けてくる行為は、アバズレ的であり、我々は今日もチンパンジーが描いたかもしれない落書きを尊い人生と捉え、価値あるものだと思いたいのです。

 

写真集はどこから来たのか

アイドルは集団で歌って踊り、時々手を触らせてくれる美少女という職掌を負っていますが、その力はうまく幻覚を見せられるかに依存するといえます。仲間との友情、個人の努力、夢や目標の達成をいかに容易に見せられるか。いかに当人が、各ファンの要望するイマージュとなれるか。アイドルは偶像だとか嘘だとか、高みの見物が流行していますが、「※この物語はフィクションです」という注釈を華麗に消せることに感嘆する方が幸せだと思うのです。「私たちは今から、痛みに耐えて食肉になります!」と絶叫する牛を見たいでしょうか。タコには3歳児程度の知能があるといわれています。

甘みが適度にあり、醤油がいらないのでは?と思うほど。やはり名産地は別格。

友情/努力/勝利は並の人生にも存在する一方、その規模は耐えられないほど矮小なもの。高貴に頑張り容易に達成するアイドルと、低俗に怠け困難に挫ける自身との高低差を畏れながら推す、それは、真面目に遂行するなら精神的な自傷行為です。ならばと宗教のように、自身の生きる糧や行動指針を演者に丸ごと預けてしまう。これもまた、不透明な投資商品に全財産をブチ込むようなもので、跳ね上がれば良いが、暴落した時には全てを失ってしまう。ローリスク・ローリターンな、
アガった演者を推すことは逃げではなく、安寧の追求です。


少なくとも、痛みなくアイドルを摂取するためには糖衣が必要で、
すなわち人間へ引き摺り下ろすためのツールが必要です。

 

写真集は何者か

距離感を間違えれば娯楽とも銃口ともなりうるアイドルが、掛け値なしに人間に近い姿を見せてくれる媒体が写真集です。バッチリと決めて、企画がハマっているものは、雑誌グラビアに任せればよい。写真集は極論すればアイドルをロケバスや飛行機で遠くに飛ばして写真を撮り、それっぽいストーリーに当てはめて並び替えればよい。ボーナス・ステージであり、サイド・ストーリーであり、
アディショナル・タイムであり、商業から切り離された存在なのです。

 

人には物心両面での支援が必要です。ありがたくも、あまり欲を出さなければ衣食住に困ることは少ない。心は人間にしか無いので、人間を用いてしか埋まりません。そのため、孤独でも心理的な充実を図れる猛者を除けば、様々な関係の中でこれを埋める必要がある。オタクには彼女がいません。非常に語弊がある。ヲタクには彼女がいません。違います。魅力を認められない人間は、恋人が欲しいという欲求に対して常に不満足。一方、いた方が社会的に良いのでは?と狼狽える程度には真面目に育ってきただろうと思います。もしかしたら、オタクには彼女がいないとか言っている場合でもないのかもしれません。

ちょっと割高?だけど、身質は確か。でも、やっぱりちょっと割高なような。

そんな時の横道としての、写真集に包まれたアイドルの彼女感。写真には刹那性があるというのは、よく言われることです。アナログな写真は、過去に確実に存在した瞬間を時間の流れから切り出し、精製した空間を目の前に呈示することができ、そこに没入するというのは暫時、個人的な時間を過ごすに等しい。

親密な美少女との個人的な時間が突如、目の前に出現する写真集は、人間を原料とした粉塵で、疲労がポンと取れる不思議なお菓子で、孤独な現代社会で無視できない輝きを放つ福祉なのでした。

 

写真集はどこへ行くのか

写真集そのものは近く、暴れチンチン電車、彼女発セフレ行へと変貌し、穏やかな精神世界から脱出してしまうかもしれない。あまりに何か、性的な倒錯を感じます。紳士的に付き合ってきた異性を部屋に泊めて、何か身体が暖かいな、と思って目覚めてみたらフェラチオをされていたかのような。写真集はアイドルが、ようやく脱いでくれることが確定しているエロ本と化してしまう。性を纏ったアイドルの近くに柱が立てられていて、オタクは皆、柱に鎖で繋がれている。アイドルの脱衣カットは巨大な鉈として鎖を切り刻み、オタクは性を纏ったアイドルを貪ってしまう。

初めて自発的に酒と流し込んだ魚。脂が非常に良質で、もう一皿頼んだ記憶。

まず基本スタンスとして、成人女性が脱いだら、それはもう、エロでしょ。大人っぽいとか、ヘルシーな身体とか、知らないよ。ベッドの上のランジェリー姿を接写したら、別にもうそれはエロで良いでしょ。多分その後にセックスするでしょ。朝日の中でする微笑みは、セックスへの感謝と、来る日々への無根拠な期待でしょ。優しげに微笑みながら勃起を巧妙に隠すくらいなら、しっかりと目を血走らせながらチンチンをバキバキにするのが礼儀というものです。綺麗事なんか言っていられない。しかし最も見たいのは、写真集の中のランジェリーではなく、現場にてランジェリーカットを撮影する前の「あぁ、これからランジェリーカットの撮影かぁ」と、諦念を込めた溜息です。

 

脱ぐと、やはり良い宣伝になる。脱げば売れるならば脱ぐよね。
清楚路線を貫けよ原理主義者が1人買わなくなっても、
推しメンでシコれるチャンスだ!が10人買えば、
この子おっぱいデッカくてエッロ!が100人買えばよく、
お気持ち表明引用リツイートには、物事を変える力など無い。
一方、ちゃんと脱いでて、でも売れていない写真集もある?
現実は感情よりも残酷です。争いは、同じレベルの者同士でしか発生しない。

 

そして、もうコスられすぎている。
あまりに喧伝され、皆で彼女感や脱衣を礼賛する行為は乱交AVのようなもの。プロモーションツールとして使われる笑顔や半裸には、既に手垢 (時々チンカス) が塗りたくられてしまっている。僕たちは、共有される像を見ながら一斉にシコりたいのではなく、密室にこもり、各々のドールを持って自由恋愛をしたいだけなのでした。着衣で差し伸べられる手にときめいてもよく、脱衣で迫る身体に欲情してもよく、推しメンの皮膚が世に晒されてしまったことに、終始頭とチンポを項垂れてもよい。

観光客向けかなぁと侮っていたら、意外としっかり美味しかったもの。

現実と需要が加速し、それが価値になる。いたずらに脱ぎ、写真集が優れた構成を失った時、それは彼女との旅行ではなく、セフレとの逃避行で、しかし街で男女とすれ違っても、それがカップルなのか、セフレなのかは分かりません。或いはそういうコンセプトで出してみるのも、悪くないと思う。セフレだって、立派な欲求で、健全な希求で、幸せがあるから。愛が存在してもしなくても、必死でも惰性でも、放たれる精液の成分は全く一緒だから。

第6回極東国際軍事裁判開廷

 

「その顔は人間の顔のようであり、四つとも右に獅子の顔、左に牛の顔、そして四つとも後ろには鷲の顔を持っていた。」(エゼキエル書1-10)

 

 

むかしむかし、あるところに世の中の女性全員がアノちゃんに見えてしまう呪いにかけられた男がいました。〈添加物を取り除くスプレー〉が本当にあるのなら〈添加物を取り除くスプレーを取り除くスプレー〉もあるだろうとそれを売り始めたことで、その地を治める悪いフェミニストに疎まれてしまったのです。

男はなんとか呪いを解いてもらおうと、フェミニストに袖の下(※1)を渡してこう言いました。

みんなの言葉辞典(覚えよう!)

※1 お金のこと

「お願いです。せめてカトウシホにしてください」

しかしフェミニストは男が渡した金貨と同額の金貨を押しつけて静かに言いました。

「お引き取りください。ウチはヤクザじゃありませんので」

絶望の淵に立たされた男はタカラズカ専門学校合否発表動画を観て精神の回復を図りましたが、サイトウアスカ卒業コンサート実施とは伝えられたけどサイトウアスカ卒業コンサートにサイトウアスカ出演決定とは伝えられていないことに気づいてしまいました。

残された道はサヤ・カナガワを国大に受からせるか、日本刀を持ったミナミ・ウメザワを崖から突き落とすかしかありません。苦渋の苦悩のすえ、男は自身がインセルであることを認め、死の秘宝を求める旅に出ることを英断しました。死の秘宝には三つ集めるとお買い物時にマイナポイントが3%付与される効果があると言われていたのです(※2※3※4)

みんなの言葉辞典(覚えよう!)

※2 効果には個人差があります
※3 対象店舗は別紙のp.16を参照
※4 お住まいの地域によっては楽天ポイントでのお渡しになります

さっそく充分な武装を携えて民間航空機に乗り込むと、機長を説得し、北朝鮮(※5)へと進路を取りました。

みんなの言葉辞典(覚えよう!)

※5 北習志野のこと

すると、不時着中の機内にて隣の席のお黒人男性様がこんなことを言い出したのです。

「僕は亜墨利加大使館職員なんだけどもね。やっぱりナースとするセックスが一番最高なんだよね。ちなみに妻はナースじゃないんだ。ハッハッハ〜」(実話)

こうして男はひとつ目の実績『愛に非ずんば人に非ず』を解除しました。

 

 

しかしここで、生まれてから成人に至るまで昭和歌謡とインディーズ系洋楽バンドしか摂取してこなかったがために「お前はジェダイになるのだ」とヨーダに肩を叩かれ、急遽イントロクイズ大会に出場することになってしまいました。男はジャンルで【指導者】を選択しましたが、なぜか司会者が先に回答ボタンを押し「紅白唄合戦は共産主義者と白人至上主義者が互いの豪胆な主張を歌詞にしたためて(俯瞰して見れば)その矮小さを競い合うまこと奇妙な祭典である」と発言したせいで、アングロサクソンから佐倉坂46の売り上げを10倍にするよう要求されてしまったのです。

階段を上っているときはいつも目の前の女子高生が後ろ手でスカートを押さえている事実に心が何度も折れそうになりましたが、女性Vtuberになりすまして滋賀県を琵琶湖に沈める過程を生配信すると民衆から【本物の悪魔】として畏れられ、手元に寄せられた膨大な量のスパチャによって一財産を築き上げることに成功しました。しかし、ふと振り返るとそこにはかつての師であるオビ=ワンの姿が。

「お前は弟だと思っていたのに……」

こうして男はふたつ目の実績『愛とは打算的なものである』を解除しました。

 

 

残す秘宝もあと一つとなりましたが、不覚にもユニセックスとコケティッシュは性的な単語だと誤解したことによって政策上の行き詰まりに行き詰まり、さらには信頼していた女性呪術師がChatGPTでことを済ませていたことが発覚して、男は鬱病と躁病と躁鬱病を併発してしまいました。

生ける屍と化した男は青年期に培った才能を駆使して彼女のInstagramの鍵垢を難なく突破すると、住所を特定し、ウーヴァーイーツと書かれたジャケットを羽織って軽やかな声音でインターホンを押しました。

「気づいちゃったんですけど、週◯文春ってつまり同人誌じゃないですか? 世間の願望が具象化されている大えっち本じゃないですか?」

ところがいつまで経っても返事はなく、男はフォースを使ってオートロックを解除すると管理人に【マナモ・ミヤタの狂った結婚生活】を明け渡してからベランダへと侵入しました。そして、いよいよ掃き出し窓の鍵をホッチキスでピッキングしようとした矢先、カアテンの隙間からとある光景が見えてしまったのです。それは北欧の一部の地域とIK◯Aでしか見られない禁忌のイニシエーション(※6)でした。

みんなの言葉辞典(覚えよう!)

※6 パパ活のこと(援助交際とも言うよ!)

室内の壁に掲げられたスローガン『トー横かグリ下で体を張った者だけがわたしに石を投げなさい』という文言に心底心を打たれた男は、近所のマクドナルドへと駆け込み衰弱しきった顔で呟きました。

「持ち帰りで『男の願望欲張りセット』ひとつください」

ウグイス嬢は言いました。

「今の政権下ですとお渡しできるのはシーシャ祐希(※7)になります」

みんなの言葉辞典(覚えよう!)

※7 乳房がデカ過ぎる

巨乳房恐怖症だった男は泣き叫びながら夜の街を駆けました。しかし、あらゆる気力を奪われてしまい、もうどうすることも出来ずにメンズエステの入り口をくぐろうとしたそのとき、ひとりの怪しげな神父が唐突に声を掛けてきたのです。

「たしかに植民地の概念はもう一度浸透してもいいように思われます。つきましては大手広告代理店が主催する異文化交流イベント、通称『聖杯戦争』に参加されれば貴殿の望みは叶うかと」

神父から500個の令呪を預かった男はアク◯ウとアキ◯トヤスシ(多分キャスター)を召喚し、「聖杯って実はキリストの子孫のことなんですよ〜」の一言ですべてを片付けると、自身の願いを高らかに宣言しました。

「アヤ・タカモトにメイクの話をやめさせてください……」

男はみっつ目の実績『これが真実の愛や』を解除しました。

 

 

参考画像(出典:「ef - the first tale.」オープニング)

 

 

ついに死の秘宝を揃えた男は、気がつくと異国情緒漂う無人のプラットホームにいました。澄み渡った空のもと、ひとり黄昏れるように困惑していると目の前に天使の姿をしたカトウシホが現れました。男は即座に問いかけました。

「ここは天国ですか?」

「いいえ、YRP野比です」

膝をついた男は大きく天を仰ぎました。

「どうしてこんなことになったのでしょうか? わたしがいったいなにをしたというのでしょうか?」

「それはあなたの右にも左にも槍を向ける性格に由来します」

「そんな。でしたら信仰心を宿せばよいのですか? 今からでも間に合いますか?」

「いいえ。唯物論者に使役されるほど、我々の神は安くありません」

「ではどうしろと? 内なる悪魔はもはやわたしの心臓に鞭を打つ存在です」

「悔い改めるのです。そのためには、あなたの人格形成に起因した者たちをすべて適切に裁く必要があります。意味はご自身がよくおわかりでしょう?」

「その時にはまた、あなたはここに現れてくださるのですね」

「えぇ、そうです。健闘を祈っていますよ」

そうしてホームは、ふたたび無人となりました。男は膝を立てると拳を硬く握りしめ、前を向きました。その眼にはもう、迷いはありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世の罪を除きたもう主よ
我らを憐れみたまえ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■主な登場人物

 Kaki Massara Haruka・・・・主人公兼GHQ。チャームポイントは「精神疾患

 Tamura Anya Mayu・・・・被家庭内暴力花言葉は「存在の耐えられない重さ」

 Inoue Emperor Nagi・・・・チェレンコフ光座右の銘は「ニイタカヤマノボレ

 Ikeda Geidai Teresa・・・・相互確証破壊。学名は「死に至る病

 Matsuo=Kitagawa Miyu・・・・歩く女子大生。一人称は「みゅう」

 

 

HaruKaki「皆様ご着席ください。定刻になりましたので始めさせていただきます。本日の公開討論会における議長ならびに進行役を務めます、内務大臣兼内務大臣のキーラ・ナイトレイです。今回取り上げる議題は我が国の安全保障に関する大変重要な案件であり、先の大戦に対する遡及的精算であることを予め明言させていただきます。では討論を始める前に、他の列席者の紹介を致します。まずはナギ・イノウエ。大日本帝国陸軍大元帥です」

 

Nyagiアン・ハサウェイです。一番好きなアニメは『ウィザード・バリ◯ターズ 弁魔士セシル』です」

 

HaruKaki「続いてマユ・タムラ。厚生労働省家庭内暴力専従対策室室長です」

 

TamuMayu「アナ・デ・アルマスです(アニメ声)。一番好きなアニメは『あき◯ら』です」

 

HaruKaki「続いてテレサ・イケダ。Geidaiです」

 

TerePanナタリー・ポートマンです。一番好きなアニメは『12歳。〜ちっちゃなムネのトキ◯キ〜』です」

 

HaruKaki「最後にミユ・マツオ・プリティウーマン。全日本女子大生連盟国連担当特使です」

 

Myu「みゅー、アニメとか観ないからあんまわかんない。あ、でも『神無月の◯女』は好き」

 

HaruKaki「補足になりますが、わたしが一番好きなアニメは『女子◯生 GIRL'S-HIGH』になります。なお、本討論会はNetflixAmazon Prime Video、U-NEXT、Hulu、Abema、Paravi、スカパー!、ひかりTVTVer、Lemino、ほか1135のストリーミングサービスで配信しております。どうされました? ナギ・イノウエ」

 

Nyagi「素人質問で大変恐縮なのですが、『神無月の◯女』が好きな人間なんていません」

 

HaruKaki「如何でしょう? ミユ・マツオ・プリティウーマン」

 

Myu「大変失礼いたしました。先程の発言ですが、正しくは『苺まし◯ろ』でした。お詫びして定時制入ります」

 

TerePan「お待ちください。たったいまミユ氏が挙げた作品には喫煙描写が含まれております。昨今の国際情勢を鑑みるに、大喫煙推奨アニメ『世界◯服〜謀略のズヴィ◯ダー〜』のような惨劇は繰り返してはならないかと思われます」

 

HaruKaki「発言の趣旨は理解しました。この件は枢密院議長であるロード・オブ・ザ・リング・アスカ・サイトウ氏に意見を仰ぎたいと思います。宜しいでしょうか?」

 

AsyuRin「今日は傍聴人に徹する予定でしたが、そういうことでしたら。そうですね。『ブラックラ◯ーン』のシガーキスで心を満たしていた時期がありました身からすると非常に心苦しいのですが、この場にいる方々はわたくしも含めて臈たけた才媛と各所で誉れ高き称号を頂戴しているわけですから、大人の対応という気概で配慮に次ぐ配慮をする一方で迎合的と捉えられないよう明確な意思表示は行うべきかと思われます。つきましてはわたくしのセカンド自著『ミュージアム』の方で詳しく記述する予定でありますので、お求めの際はレジにて「千葉埼玉はアネクメーネ」と仰っていただいたうえでマイナスドライバーで外側の起爆パネルを一枚外していただければプルトニウムによる核分裂は免れると考えられます。したがって、われわれが為すべきことはいま一度、大東亜共栄圏を構築することに収斂するといえ、これは」

ツーステップで!できる『麻婆炒飯丼』レシピ簡単大公開!

紹興酒で炒める
② えぐみが出てきたら東條英機の後頭部を叩く

 

AsyuRin「そういった理由からも申し上げる通り、“植える間隔を半分にしたら収穫量が二倍になる”という思想につきましては、何をか言わんやといったところです。ちなみに好きなアニメは『霊剣◯』です」

 

HaruKaki「ありがとうございます。それではマユ・タムラ、本日の諮問内容について説明を」

 

TamuMayu「次に述べますのが、今回の諮問内容になります(アニメ声)。広義2000年代放映アニメーション作品において、未成年男子の人格規定および思想形成に対して健全とは言い難い影響を与えた疑いのある作品、ならびにその後の日常生活における社会的言動能力と平衡感覚を著しく毀損させた可能性の高い作品を、個人属性に依拠しないよう慎重に——50時間かけて——抽出しました(マジ)。つきましては、それらをその深刻度に応じて第一級、第二級、第三級に分類したいと考えております。ナギ・イノウエ氏を筆頭とする識者の皆さまは都度、意見を口述していただきますようお願いします」

 

Nyagi「分類基準は具体的にどのようにお考えですか?」

 

TamuMayu「第一級が多感な時期に接触すると人格に亀裂が生じる、あるいはその後の生き方を決定づけられると考えられる作品。第二級がその生き方を束縛される、あるいは加速されると考えられる作品。第三級が日常生活に支障はないが、恒常的に喉の奥に残り続けると考えられる作品になります」

 

TerePan「つまり、まず判断の軸としては“思想に影響を与える度合い”が存在し、そのうえで議論に柔軟性を持たせるために第一級は着火剤、第二級は燃焼促進剤、第三級は燃えさしといった補助的な基準を使用する。そして最終的には軸足の方が優先的に適応されると解釈してよろしいでしょうか?」

 

TamuMayu「概ねその認識で結構です」

 

HaruKaki「では皆さま、お手元の資料をご覧ください。なお、ここに記載されていないタイトルは基本的に何ら影響がないものとお考えください。プライドで含めなかったものも一部あります」

 

第一級:人格に亀裂が生じる/その後の生き方を決定づけられる】

 ・さよなら絶◯先生

 ・インフィ◯ット・スト◯トス = これは◯ンビですか?

 ・じょし◯く

 ・ヨスガ◯ソラ = ki◯s×siss

 ・恋と選挙とチョ◯レート

 

第二級:その生き方を束縛される/加速される】

 ・Fate/st◯y night = 魔法先生ネ◯ま!

 ・フルメ◯ル・パ◯ック!

 ・ギャ◯クシーエンジェル = デ・ジ・キャ◯ット

 ・生徒会役◯共 = 男子高◯生の日常 = 女子◯生の無駄づかい

 ・アマ◯ミSS

 ・それでも街は◯っている

 ・もや◯もん

 ・ま◯ろ色シンフォニー

 ・ウィッチク◯フトワークス

 ・DOG D◯YS

 ・冴えない彼◯の育て方

 ・異能バトルは日◯系のなかで

 ・よんでますよ、アザ◯ルさん。 = 変ゼ◯

 

第三級:恒常的に喉の奥に残り続ける】

 ・京◯アニメーション作品/シャ◯ト作品

 ・みな◯け

 ・WHITE ALB◯M

 ・ひ◯らしのなく頃に

 ・あの夏で待っ◯る = Anoth◯r

 ・人類は◯退しました

 ・神のみぞ知るセ◯イ = ハヤ◯のごとく!

 ・To LOV◯る

 

(※補足:【第四級:思想に影響はないが多角的に資源を浪費させられる】)

 ・THE iDO◯M@STER

 ・艦◯れ

 ・Fate/Gr◯nd Oder

 

 

Nyagi「早速よろしいでしょうか? いくつか記載されている等号記号にはどのような意味があるのでしょう?」

 

TamuMayu「同じものという意味です」

 

Nyagi「丁寧にご説明いただきありがとうございます」

 

TerePan「三点ほど宜しいでしょうか?まず一点目として、『コードギ◯ス』や『攻殻機◯隊』といったいわゆる代表作と呼ばれる作品に対してはどのようにお考えかお聞かせください。続いて二点目、『恋と選挙とチョ◯レート』が第一級に収まっている理由をお聞かせください。最後に三点目、『京◯アニメーション作品』と『シャ◯ト作品』は“/”で並列に並べられておりますがどのような意味を示しているのかお聞かせください」

 

TamuMayu「はじめに一点目に関してですが、そういった作品はエンタメとしての完成度が高すぎるが故に元から除外対象としております。幼少期に『スター◯ォーズ』や『イン◯ィジョーンズ』を観たからといって世の中を斜めに捉えるようになるわけではないどころか健全な精神を養うことになりますので。ですが念の為申し上げますと、『コードギ◯ス』につきましては毎週リアルタイム視聴という条件を付与した場合には間違いなくA級戦、失礼致しました、第一級であると思われます」

 

TamuMayu「次に二点目に関してですが、これは準備委員会の方でも丁々発止の議論となりました。というのも、ほんとんど全員が第一級に推薦しているにも関わらず、その論拠となる当該作品の対外的な特色を誰も説明出来なかったためです」

 

TamuMayu「簡潔に我々の現状の考えを述べますと——消極的な姿勢にはなってしまいますが——当該作品は第二級に含まれる『アマ◯ミSS』や第三級に含まれる『ま◯ろ色シンフォニー』とは並列関係にできないだろうということです」

 

Nyagi「しかしやはり、『恋と選挙とチョ◯レート』は数ある広義【学園恋愛甘甘コメディ萌シチュエーションえっちアドベンチャーゲーム】原作アニメの中では新参である上にあらゆる点で王道に忠実なため、尖った要素は持ち合わせておりません。また、分類基準のお話に立ち返ってしまうことになりますが、第一級・第二級は接触後に関しても比較的外的な存在であり続ける一方で、第三級に関しては内的な存在に変質するという印象を受け、選考の経緯を伺いますとどちらかといえば第三級の方が相応しいように感じられます。これでは野党の追及は避けられないのでは」

 

TerePan「その性質を逆手に取るというのはどうでしょうか? すなわち、どこが良かったのかを明瞭にすることが出来ないという性質は無二の個性であり、普遍性を体現していることの証左とするのです。これにより当該作品を、広義【学園恋愛甘甘コメディ萌シチュエーションえっちアドベンチャーゲーム】原作アニメの一般解であると解釈し、第三級ないしは第二級ではオーバーフィッティングになると主張するのが妥当ではないかと」

 

TamuMayu「確かにそれならば一過性のものとして指摘されるリスクも減少します。皆さま、今のテレサ氏の意見を反映する形でよろしいでしょうか」

 

Myu「異議ございません。話の流れでお伺いするのですが、『PHANT◯M OF INFE◯NO』は第二級か第三級辺りには含まれませんか?」

 

TamuMayu「それも議題としては挙がりました。しかし『MADL◯X』や『CANA◯N』や『ヨル◯ンガンド』もそうですが、その系統の作品は洋画を観るための素地としても機能するため、不健全な影響を与えているとは断言できないと判断いたしました」

 

TamuMayu「それでは三つ目の質問に関してですが、これはハルカキ内相の方から回答していただきます」

芋洗坂46:999thシングル『ハルシオンが効く頃』はトリプルセンター、6人と1人が初の選抜入り!

6月30日にリリースされる芋洗坂46の最新シングル『ハルシオンが効く頃』が6月30日にリリースされることが発表された。同シングルではグループ初となる試みとして「ソーシャルメディアを活用した情報発信」「サブスクリプション型会員制特設サイトの開設」「音響機材を使用したコンパクトディスク等への録音」を実施することが予告されており、この試みはグループにとって初となる試みだ。
また、初回数量限定生産盤
には映像特典として、昨年東京ドームで三日間にわたって開催された全豪オープンテニスの始球式の一部が完全収録される。

ユークリッド幾何学で示された今作のフォーメーション(C)芋洗坂観光協会
大きなサイズで見る(全2件)


(以下、メンヴァからのコメント)

本シングルで初めてトリプルセンターを務めることになりました、中途顔面採用の木瀬いのらないです。要約すると頑張るって感じです。また、このシングルをもって卒業する大先輩の内田マレヱさんには感謝っぽいなにかを受け取ってもらって卒コンをいい感じに仕立てたいなとかは流石に考えてます!このグループの将来像を考えるとどうやっても天空人たちには敵わないと憂鬱になりますが、その辺りは現実を直視できない弱者を相手取ってなんとか生き残っていきたいと思います!
《広告の下にコンテンツが続きます》

HaruKaki「はじめに『京◯アニメーション作品』と『シャ◯ト作品』は該当すると思われる作品が複数あり、加えて候補となるか否かは個人の感性によって大きく左右されると考えられたため、上記のような表現で括らせていただきました。そして“/”についての意味ですが、こちらも個人の感性によって究極的にはどちらか一方に集約するというニュアンスを持たせたく、そのようにいたしました」

 

TerePan「『京◯アニメーション作品』と『シャ◯ト作品』は各個人にとって二者択一であり、両者が同時に第三級に含められるということは基本的にはないということですね」

 

HaruKaki「そうです。これにつきまして、どなたかご意見はございますか?」

 

 ♪〜(かわよガールズたちによるふるふるシンキングタイム)

 

HaruKaki「なさそうですね。他に質問等はございますでしょうか?」

 

Myu「根本的なことになってしまうのですが、書籍や漫画、18禁ゲームソフト等に対しての審議はこの議論には含めないということでよろしいですか? 『k◯y作品』や『天神◯漫』『帰宅部◯動記録』なども当然ながら該当すると考えられるのですが」

 

TamuMayu「確かにそういった作品群も多大なる影響を与えていると考えられます。しかし、現在進行形で早急な対応が求められている状況であること、また何より嚆矢となっているのはやはり広義2000年代放映アニメーションであると考えられることから、本討論会ではそちらを対象とさせていただきました」

 

HaruKaki「他にご意見等がないようでしたら決議に入らせていただきたいと思います。本件の主題であった凡そ無害とは言い難い(かもしれない)作品の選考とその影響別区分について、どなたか異議のある方はいらっしゃいますでしょうか?」

 

Nyagi「ございません」

 

TerePan「ございません」

 

Yuriあっ、えっと、あの、ないです

 

HaruKaki「ありがとうございます。それでは、本討論会はこれにて閉会とさせていただきます。皆さま本日は誠にありがとうございま、

「それがあなたの答え?」

コンチネンタルホテルの展望バーで男が必死にメモ用紙に筆を走らせていると、一人の秀麗な女性が声をかけてきました。カクテルグラスの隣に筆を置いてから男は静かに言いました。

「そろそろ来ると思ってたさ。あぁ、そうだよクソッタレ。俺はすべきことをした。お前に言われた通りのことを。さぁ約束を果たしてもらおうか、ガブリエル」

「残念だけど、ヤコブの梯子はあげられないわ」

「冗談はよせ。それとも霊剣あらたかな存在が誓いを破るのか?」

「あなた水溜まりの上で踊ってると思ってたの? 違うわ、そこにあるのは池でも湖でもない。“海”よ。どこまでも真っ黒なね」

「言ってる意味がわからないな」

「これでは充分じゃないってこと。だってあなたは青い鳥を見つけられてないもの」

「ちゃんと隅々まで目を凝らして見た。これが正解だ。厳然たる真実だ」

「なんとまぁ可哀想な人。いいわ、教えてあげる。神岡まどか。この名前に聞き覚えはない?」

「そうじゃない、正しくは林葉みずきだ……いや待て」

「ほぅら。言った通りでしょう」

「待ってくれ。違う、違うんだ。頼む、俺はなにも言ってない」

「いいえ、合ってるわ。残念だけどそういうことよ。それじゃ、彼によろしく。あなたが来るのを心待ちにしてたわよ」

「やめてくれ!頼むお願いだ!なんでもする!これからは健全な精神を……そんな、あぁ」

こうして悪魔祓いの男ジョン・コンスタンティンは、黒ずくめのおっさんによって下の世界へと連れて行かれてしまいました。あ、下の世界というのはね、邪淫という行為があって、おしっこをするところを触、

♬ 今週の名画 ♬

ヨハネス・フェルメール
『思いのほか喋った女』

ニューヨーク近代美術館収蔵)

 

 

 

 

 

 

 

こんな風に世界は終わる 爆発ではなく狂わせで 〜終章〜

 

 

 

 

「あ、カスタマー様センターですか? 先日、貴社の製品を購入した者なのですが、使用上問題と思われる深刻なバグに直面し、解決策をお伺いしたくご連絡させて頂きました。はい。はい。あっ、ちょっと待ってください。えっと、ありました。『N46-5-JG』です。はい、そうです。昨年出た第5世代のJGモデルです。はい。はい。はい。あ、えーっとですね、先日の大型アップデート以降、快適に使用することが困難になってしまいまして。はい、はい、いえもちろん電源を落としたりコンセントを抜いてみたりはしたんですけども。えぇ、そうなんですよ。アップデートまでは正常に動作していました。はい。はい。あっ、了解しました。お願いします」

 


「もしもし。はい、そうです。はい、ありがとうございナス。えぇ。えぇ。はい。そうですね、仕様書には『JG』としか記載されていないんですけども、実際にプロパティの方確認すると『JG+Geidai』になっている状況なので。えぇ、やっぱりその、先日のアップデートが上手く適用されなかったのかなって。えぇ、えぇ。はい。はい。はい。あー、なるほど。えぇ。えぇ。あっ、そうなんですね。はい、はい。あー、そうかぁ。すいません、ちなみにこれダウングレードとかって、そうですよねぇ、出来ませんよねぇ。わっかりました。そうしたら、そうですね。現状できることとしては馴染むのを待つだけですもんね。なるほど。これって、その、あれですよね? Nシリーズから独立して新規モデルになったわけではないですよね? あくまでもN46の次世代機であり、JGであり、Geidaiということですよね? はい。はい。まぁやっぱりそうですよね。念のため確認するんですけど『Musabi』とか『Tamabi』とかが文字化けしてる、わけじゃないですよねそうですよね。えーっとそうですね、そうなると結構困っちゃうんですけども。いえその返金請求がしたいとかいうわけではなくて。単純に、その、そうなると私の環境ではかなりオーバースペックになってしまって。あの、第1世代が発売されたときから貴社の製品は愛用させて頂いているんですけども。えぇ、実際他の第5世代に関しても職場等でよく活用させて頂いておりまして、はい、ただそのなんといいますか、正直このJGモデルって仕様書には書いてないですけど、他のモデルの有効オプションのいくつかがなぜか元々付属してるじゃないですか。その上でこうなってしまうとちょっと他の機器が必要なくなってしまうような気がしていて。事実、Nyagiモデルとかも触る機会が減ってしまって。かろうじてMikuモデルは活用できているんですけども。えぇ、なのでその辺りに関しては、はい、はい、はい、あー、そうなんですね、はい。えぇ、えぇ、はい。あっ、エンジニアの方達も、はい。あぁ、そういうことなんですね。誰もこのシンギュラリティは予測できなかったので受け入れるしかないと。いえ、全然そんな。分かりました。すいません長々と。ご対応頂きありがとうございました。はい、はい、はい、はーい」

 

 

「どうでした先生?」


「ダメだったよ。すまないね、ユミくん」


「謝らないでください。結果がどうあれ、先生には感謝しかないんですから」


「まさかここに来てウイルスに突然変異が生じるとは。本当に自然は厄介極まりない。ニシノナナセ、コサカナオ、カワタヒナ、エンドウサクラ、タムラマユ。ようやくそれらすべてに抗体が出来たと思ったらこれだ。しかも今回のはかつてない強靭さを備えている。元来このウイルスは人間から正気を奪うことに軸足を置いてきた。だがコイツは違う。高次脳機能障害を引き起こす点では同一だが、この非接触型拡散性レトロウイルスTYPE-X、通称イケダテレサは正気を奪う一方で嫌というほど正気にさせてくる。ある意味コイツらの完成系と言えるだろう。正真正銘、人を狂わせるウイルスだよ」


「あの顔と喋り方と出自でN46かつGeidaiですもんね。私も一時は人生がイヤになりました」


「いいかい、ユミくん。たとえこのウイルスで世界が終わることになろうとも、悲観せず、自分が生きた証を残さんと踏ん張るんだ。その過程にこそ、人間が人間である意味が存在すると信じて」


「先生……その刻が来るまで、そばに居てくれますか?」


「もちろんだとも。そうだ、ユミくんにはこの言葉を教えておこう。たしかこれは、テニスンの詩の一節だったと思う。現実に打ち負けそうになったら唱えるんだ。『タムラマユは料理ができない』」

 

「タムラマユは料理ができない……。たしかにちょっと元気が出ました。わたしはホワイトソースは小麦粉で作ることを知ってます」

 

「その調子だ」

 

「先生大変です!」

 

「アサミくん、どうしたんだそんなに慌てて」

 

「取り乱してすいません。ですがその、看過できない事態に……あぁ、なんてこと」

 

「落ち着いて話しなさい。TYPE-Xが今度は国家試験に合格したのか?」

 

「もっと深刻です。えぇ、実は……非接触型拡散性レトロウイルスTYPE-M、通称タムラマユがついに……」

 

「まさかそんな……今以上にキャリアが激増するぞ! いやそれよりどこだ! 無数の霰もないタムラマユが写った分厚い紙の束は! いやその前に下着は? 下着ショットはあったのか? キャルビンクラインだったか?」

 

「先生ダメです! 落ち着いてください! タムラマユは料理ができない!」

 

「うるさい! わたしは薄着で台所に立つタムラマユをこの目に収めるために生を享けたんだ! 料理が出来なかろうがどうでもいい! むしろ美徳だ! おい! キノクニヤか! キノクニヤに行けばいいのか! 見ておけ卑劣なウイルス共! お前ら如きにわたしは負けんぞ! 聖霊よ来たれ! カナンは示された! 今こそエゼキエルと共に行かん! 主の平和のう

こんな風に世界は終わる 爆発ではなく、狂わせで

 

 

 白髪混じりの教授が自身の著書を片手に、熱く、古臭い日本語で哲学の講義を進めるなか、雨染みと日焼けとで白んでしまった格子窓を、黄前久美子は静かに見つめていた。久美子はなにも外の景色を望んでいたわけではなかった。ましてやサッシから剥がれ落ちた金属片や土埃が溜まる窓枠の上で仰向けになって干されている米粒大の虫に、同じく米粒大の同情を送っていたわけでもなかった。ようするに、手元の活字や黒板の上でおどる白墨以外なら視線の先はどこでもよかったのである。

 この世でもっとも崇高な行為とはなにか。そんな命題が、かれこれ五分も久美子の頭蓋の内側に張りついていた。いつからそのような状況に陥ったのか。なにがきっかけだったのか。この世に生を受けた瞬間を覚えていないのと同じく記憶を遡ることはできなかったが、どうしてかソクラテスを傍に捨ておいても取り組むべき命題であるという判然とした確信が久美子の中にはあった。だいたいニーチェだって金銭的関係の上でしか女性とまぐわっていないと自身に言い聞かせ、答えに至る道程の一歩を踏み出すべく手始めに『崇高』に値する行為というものを浮かべてみた。

 真っ先に思いついたのが地雷撤去だった。そういうことなのか? しかしすぐさま否定的な精神が働いた。そうした明瞭な行為を片端から並べていけば、最終的には世界平和や人権保護と同じキッチュさの滲み出る文字列に置き換わってしまうのではないだろうか。世俗的ではあるけれどももっと浮世離れしたものに落ち着くのではないか。

 久美子は直感を信じてみることにした。すると今度はいくつかの浮ついた文字列——献身的、対価を求めない、自己犠牲の精神、無償の愛など——が目の前に轍をつくっていった。けれどもやはり、火花が散ったような感覚に至ることはなかった。久美子は気づいた。そもそも崇高という言葉が常に一定度の宗教的価値観を内包していると(讃美歌の際に奏でられるオルガンの音や極彩色のステンドグラスから落ちる光を思わせる)。であれば、次なる焦点はいかにそこから脱却できるかであり——求めるものは常に教会にだけはないのだ——さらに誰にとって崇高なのかを明示しておくことが肝要と思われた。ちなみに何にとってではなく誰にとってとしたのは、いくら環境保護活動に身を捧げたところでその辺の雑草が「えらい」と言ってくるわけでもないどころか、その労力をイスラム勢力圏の非武装化や文明化に費やせないのかと愚痴をこぼしたくなるほどせっせと花粉を送りつけてくるだけだからである。

 して神にとってでなければ人にとってである。しかしその人というのは全人類が該当するのか。全人類の幸福に還元される行為? 冗談だろう。利益とは不利益が生じて初めて成立する概念なのだから。すなわち、功利主義的観点から進める必要がある。ではこの世界をスポンジケーキのように切り分けるときそのナイフの入れ方は様々であるが、果たして現実的な最大値を見出すことは可能であろうか。幸いなことに宗教的国境線は先の結論の通り除外できるが、とはいえ多様性が加速の一途を辿る今日、それらに沿った線引きを一つずつ精査していくのにはあまりに時間がかかりすぎる。その前に教壇の上に立つ哲学好きの老人が彼の地へ向かわれてしまう。もっとシンプルな話に収められないだろうか。要するにそれを見た人のできるだけ多くが同じ感情をいだき、行為の主体に対して尊敬の念を向けることになれば良いのである。

 それから五分ほど、久美子は自身の乏しい想像力を限界まで駆使してみたが立ち込めた暗雲が晴れるような気配は一切なかった。こういうときはどうすればいいか。久美子はよく知っていた。ポケットから携帯を引き抜くと、机の天板に隠しながらひっそりと操作した。友人の高坂麗奈に向けてメッセージを送ったのだ。

『へいSiri、この世で一番崇高な行為を教えて』

 ものの数秒で携帯が震えた。暇なのだろう。

『こんばんは、現人神です』

 中学から付き合いがあるというのに知らなかった。あと今はどう考えても昼前だ。そんなツッコミを心の中で入れていると続け様に携帯が震えた。今度は至極適当なボケではなくURLが送られてきていた。開いてみるとウィキペディアの歴代のノーベル平和賞受賞者が一覧でまとめられているページだった。さらに返信が来た。

『お好きなのをどうぞ』

 彼女らしい答えだった。理性的で無駄がない。久美子は少しばかり嫌味な笑みをこぼすと、適当に謝辞を返してから件のページを流し見していった。ここに久美子の求める答えがあるとは考えにくかったが、教養のある大人としてどんな人物がどのような行いをしてかの栄誉を賜っているのかくらいは知っておいても損はないと思ったのだ。それにもしかしたら足掛かりになるようなものが転がっているかもしれないという淡い期待もあった。結局のところその期待が授業終了の合図が鳴るまでに迎え入れられることはついになかったが、結果的にこれが久美子の心を軽くしてくれることになった。というのも一週間のうちでもっとも生産性の低い九十分のなかで、ちょっとした雑談の種になるくらいには有意義な話を拾うことができたのだ。昼食をとるときにでも後輩の久石奏にぜひ話そうと久美子は決めていた。チャーチルノーベル平和賞を取れなかったのだと。

 

 ことが動いたのはその日の夜のことだった。久美子は誰もいないリビングのソファで仰向けに寝転びながら、横向きにした携帯の画面と壁にかけられたテレビ画面を七対三くらいの視線配分で眺めていた。小さい方の画面では流行りの歌手の曲がオーケストラアレンジで演奏されている動画を、大きい方の画面ではそこそこ人気のバラエティ番組を流していたが、傍のテーブルの上に置かれたスナックの袋と久美子の口を往復する定期便と化していた左手が突如止まることになったのは、番組が切り替わるちょうど九時のことだった。

 落とし戸から落ちてしまったような気持ちだった。見飽きたコマーシャル群の後に映し出されたその映画に、久美子の視線は釘付けになった。なぜならそこに、今日あれほど悩まされた問題の答えがあると瞬時にわかったためである。久美子は上体を起こして携帯の画面を切った。確かめなかればならない。もはやそんな使命感すら感じられた。そしてすでに何十回と観てきたはずのそれは、観始めると、なぜかいつもより新鮮に感じられた。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・

 

・・・・

 

 

 

ナレエション皇紀2671年8月21日。その日、大日本帝国はかつてない危機に直面した。大東亜戦争に勝利し、中国そして東南アジアの植民地化に成功した日本にとっては、まさに青天の霹靂だった

 

証言者1「両親は農家で、その両親、つまり祖父母もみな農家をやっていました。ここでは誰もがそうです。その日は買い物に出ていました。いつも使ってる道を通って。もし今そのときの自分に語りかけられるなら、はっきりとこう言います。引き返せと」

証言者2「あの日のことはとてもよく覚えてるわ。だってすぐ近くに住んでるんですから。びっくりしたかって? 正直、今はもうよく覚えていない。忘れたがってるのよきっと。でも、みんなそうでしょう?」

証言者3「とにかく現実だとは思えませんでした。それだけです」

 

ナレエション数多の死線をくぐり抜け、アジアから共産主義の芽を摘み取ってきたシルクロード最果ての国。しかし今そのバベルの塔のごとき気高くも豪胆な牙城が、創世記の通り崩れ落ちようとしていた。これは二国間のイデオロギーが衝突する裏側で繰り広げられたもう一つの戦争の記録であり、静かなる危機に真っ向から挑み、そして歴史の余白に消えていった者たちの物語である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The Documentary of Clear and Present Danger

邦題:明らかな現在の危機のその事実を記録した(映倫:PG-12)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 簡素で暗い室内。ピンマイクをつけた二人の男が向かい合って座っている。

 髭を生やした方の顔がアップになる。

 

フルシチョフ(あだ名:フー太)「とにかく日本をなんとかしなければという意識がありました。しかしキューバの時のような失敗は許されない。我々は慎重にことを運びました」

インタビュアァ「静かにそして的確に、相手の急所を突きました」

フルシチョフ(和名:近大マグロ「気づいた時には手遅れですよ。それが狙いでしたから」

インタビュアァ「そこにはある意味ジュネーヴ議定書の存在がありますよね。つまり毒性ガスの使用が禁止されたことで新しい手段を模索する必要があった」

フルシチョフ(趣味:「Ctrl」+「F」「しかし国際法には違反していないでしょう。なぜなら化学兵器でも生物兵器でもないのだから。いやそもそも兵器という概念すら当てはまらない。かつてここまで人道的な手段があったでしょうか」

インタビュアァ「亜米利加は今でも核兵器をそう呼びます」

フルシチョフ(特技:発光)「私は核兵器を十個盗み出すやつより一個欲しがるやつの方が恐ろしい。何が言いたいかというと、つまりそういうことです」

インタビュアァ「核で世界が終わるわけではないと?」

フルシチョフサイリウムカラー:"自由"と"混沌"「火を見るより明らかです。ある男がこう言っていました。私は間違っているが、世間はもっと間違っていると。これはつまり、そういうことなのです」

 

 男はろくろを回す手つきで話を続けるが、徐々に音声だけフェードアウトしていく。

 そこへ重々しい声色のナレーションが重なる。

 

ナレエション「彼は人を煙に撒くのが上手かった。時には狂人に見えたほどである。そしてその強靭なる狂人さが遺憾なく発揮されたXデーこそ、8月21日だった」

 

 テロップ:港区赤坂 クレムリン宮殿内某所(フォント:マティスEB

 荘厳な室内。数多くの人間がひしめき合っている。

 画面右端から髭の男が歩いてくる。

 報道陣によってすごい量のフラッシュが炊かれる。

 男、登壇する。マイクを通して話し始める。

 

フルシチョフタウリン1000mg配合)「はじめまして。ただいまご紹介に預かりました、ボリシェヴィキフルシチョフことフルシチョフです。いえ、ニキータの方です。ニキータ・セルゲーエヴィチ・フルシチョフ。ミドルネームだけでも覚えて帰ってください。いえ、ニキータ・フルシチョフです。何度も言うように深キョンではありません。もういいですか?」

フルシチョフ深キョン「それではこれより、マルクス坂46一期生オーディション、第87次選考の合格発表をはじめたいと思います。これが実質の最終選考です。番号を呼ばれた人は前に、呼ばれなかった雑草はご退出願います。帰りに出口にてブラッドダイヤをお配りしているので記念にお持ち帰りください。現在、メルカリでの転売価格は550円です」

フルシチョフ(ハセキョン「さて前回の五期生オーディションの際は、不合格となった方々から『どうして私が不採用なんですか? ルッキズムですか? ルッキズムですか?』などの狂気じみたクレームが方方から頻出したため、浸透圧の関係でマルコムXが墓から蘇りました。いま一度明言させていただきますが、昨今の潮流には当然ながら万全の体制で臨んでおります。万全の体制と書いて万全の体制です。これでもご納得いただけない場合は、魂のステージが低い者として処理する方向で検討させていただきます」

フルシチョフキョンキョン「また本日は、数年後に上映を予定しているモキュメンタリー映画用に、当落発表の始終を70ミリIMAXカメラ2台で撮影しておりますことをご了承ください。なんですか? お花を摘みに? 申し訳ありませんが、いま留意事項を説明していますので無理です。我慢してください。あの、そちらの方も同じですか? あぁ、喫煙所ですね。廊下出て突き当り右です。他にはもうありませんか? 大丈夫そうですね。それでは、合格者をお伝えいたします」

フルシチョフキョンって何?)「全員です。ここにいる皆さんがそうです。先ほど喫煙所に向かわれた4名もです。皆さん、おめでとうございます」

 \キャー/\ワー/\キャー/\ワー/\キャー/\ワー/  \ワー/\ワー/\ワー/\キャー/\ワー/

報道関係者1「おいアレ、モールス信号じゃないか」

報道関係者2「『指導者、死ス』だと? 証券取引所に連絡しろ!今すぐ北朝鮮国債を手放んだ!」

 

 再び室内。二人の男はくつろいだ様子で向かい合っている。

 メモ帳とペンを持った男が口を開く。

 

インタビュアァ「この46という数字についてもお伺いしたいのですが」

フルシチョフ(好評発売中)「これはその人の主義思想に関係なく、誰にとっても意味のある数字です。つまりですね、西欧文明にとっての本質とはつまるところ一冊の本に集約されるわけですが——無論、聖書のことです——欽定訳聖書というものはご存知でしょうか? これは国王の勅命によって出版されたもの、とりわけイングランドジェームズ1世のものが有名ですが、このジェームズ1世版の翻訳聖書というものは歴史上特別な意味を孕んでいます。文学史上もっとも偉大にしてもっとも奇妙な作家、シェイクスピアの存在です。その聖書は彼が46歳の年に出版されました。さて、旧約聖書は複数の書から成り立っていますが、そのなかに詩篇というものがあります。これは文字通り、神への祈りや賛美などを謳う詩だけで構成されていますが、興味深いのは第46篇。あるとき一人の学者が気づいてしまいました。46篇の最初から46番目の単語はshakeで、最後から46番目の単語はspearであることに。私が46という数字を名前に付けたのは、つまりそういうことなのです」

インタビュアァ「あなたは無神論者では?」

 

 突如、乾いた破裂音。その後すぐ薬莢の転がる音。

 髭の男、黒光りした物体を背広の内側に仕舞い込むと立ち上がる。ピンマイクを外してスタッフに渡す。

 退室しようとした瞬間、KGBの男がひどく慌てた様子で近づいてくる。

 

KGB「大変です。敵の情報部に国営放送の回線が解析され、電波ジャックが行われています」

フルシチョフ「なんだと」

KGB「敵国で流していたラジオ放送が国内すべての受信機から流れており国民は大混乱です。電報によると西側諸国でも同様の状況らしく」

フルシチョフ「死なば諸共と言ったところか。そのうち映像も奪われるな」

KGB「我々はやりすぎたのでしょうか」

フルシチョフ「元から諸刃の剣だったのだ。こうなってしまった以上、もはや為す術はない。酒でも呑みながら見届けようじゃないか。この世界の趨勢を」

 

 ゆっくりと窓の方に画面が移行する。

 ガラスを通り抜けると、クレムリンから遠くレニングラード広場が映される。

 街灯の上に取り付けられたスピーカーがアップになる。

 そこからは世界に漂う緊張感とは裏腹に、軽快で陽気な音楽が流れている。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・

 

・・・・

 

 

 

♪〜(チャチャッチャ、チャッチャチャチャ、チャッチャチャっていう例のアレ)

 

そば屋「第二世界からこんにちは〜。今週もはじまりました。マルクス坂46のちょっとずつ右に傾いてるラジオ。略して大政翼賛会。パーソナリティの遠藤蕎麦屋(えんどうのそばやのむすめ)こと、遠藤ひらがなさくらと」

キツネ女「いい加減キツネは飽きられてるけど己では気づく余地がない、神奈川沙耶です」

そば屋「今日も私たちと一緒に、労働者を効率よくアジテートするための手立てを近所のTSUTAYAで模索していきましょう」

キツネ女「今日はなんと、スペシャルゲストの方にも来てもらっています」

ナス鉄のカーテンよりごきげんよう座右の銘は拡大解釈。マルクス坂46三期生の久保栞です。よろしくお願いしナス」

そば屋「栞さんのプロフィールを簡単にご紹介させていただきます。ベルリンの壁が崩壊した直後の東ドイツで生まれ、父親は靴職人、母親は炭鉱労働者というユダヤ系移民の家庭で育ちました。幼少期から文化的知識人を名乗り、弱冠十歳にしてフランコ政権とカヌレブームを痛烈に批判した自著『飼い犬にSDGs食べさせたら吐いた』を出版。しかしお抱えの霊媒師に『お前は限りなく死んでいる』と指摘されたことで機能性表示食品が信用できなくなりソビエトに亡命。最近ではアサド大統領を名指しした上で『なんとナンセンスな黙示録的主張だろうか。結局男はコンサバ系女子が好きである』と強気な発言を見せる姿がTwitchでバズり、馥郁たる香りと爽快な味わいをもって見事モンドセレクション銀賞に輝きました」

キツネ女「栞さんは今日もほんっとに肌が白いですね。うらやましいです」

ナスアパルトヘイトだからね」

そば屋「さっそくお便りが届いています。埼玉県にお住いの港区女子シーア派)さん、24歳からです。『さくちゃん、さやちゃん、ナスちゃん、トロツキー、こんばんは。私は日頃から人間である喜びを噛みしめて生きているのですが、人間たり得ない有象無象が皆さんのことを認識するのが許せません。なのでよければ当局に感知されない上手な脱税の方法を教えてください』とのことです」

ナス皇民化政策がいいと思います」

そば屋「続いて、テキサス州ダラスにお住いのリー・ハーヴェイ・オズワルドさん、24歳没からです。『政府は真実を報道していません』とのことです」

ナス大躍進政策がいいと思います」

キツネ女「栞さんに聞きたかったんですけど、春先に選抜入りすると残業増えて社会保険料高くなるからめっちゃ嫌じゃないですか?」

ナス「だからわたし、3月に報告受けたとき『あ、ちょっと半年くらいお腹痛くなります』って言ったもん」

キツネ女「正しいかどうかはたておき、正しいと思います」

ナス「横置きだと場所取るからね」

そば屋「今度は質問みたいですね。あなたの心に住まう見て見ぬふりをする人格(お前のことだ)さんからです。BSの番組を観ていると毎回思うのですが、精力剤のCMってコンテクストですよね。私は水中クンバカが5分30秒しか保たないのですが、みなさんが好きな天皇はどなたになりますか? よければ教えてください、とのことです。えー、誰だろう。醍醐天皇かなぁ」

ナス「どうしよう。私あんまり日本史詳しくないから宇多天皇で」

キツネ女卑弥呼!」

そば屋「あ、いまスタッフさんから面白いものが手渡されました。これは最終オーディションのときに各々が発表したセールスポイントの一覧表ですね。わー、懐かしい。こんなのあったなぁ。『日本国憲法が全文言えます』『父が皇道派シンパです』『お求めの神を格安で斡旋できます』『アド街を観ました』『一人称が下の名前です』『いまカルバン・クラインを着けています』えー、自分のどれだっけ?」

ナス「え、一人だけぶっちぎりでヤバい子いない? 二十歳越えたら一人称が自分の名前はやめようよ」

キツネ女「今のはパターナリズム手なずけるゲームですか? 冷たいゲームですか? こちらは弱者ですよ」

そば屋「栞さんはなんてアピールしたんですか?」

ナス「天空といっても所詮はドルでかつ消費材なので、歌が上手いとかダンスが得意とかそういうのは誰も求めてないということを理解する程度の知能があり、一方でクリシェを要求される場合にはそれらしい言動が如才なくできます、だったかな」

そば屋「えー、すごいなぁ。私は緊張しちゃって『人より顔が優れていることは罪ですか?』しか言えなかったです」

ナス「そういえば、四期から選考理由が発表されるようになったんでしょ? どうだった?」

そば屋「いやもう恥ずかしかったですよ。みんなは普通に『著しく顔面がいいから』とかなんですけど、私だけ『乗客に日本人はいませんでした! いませんでした! いませんでした!』だったんですもん」

キツネ女「わたし『顔が良くて馬鹿だから』だったんだけど……」

ナス「北の方はまだ教育が届いてないからね。逆に言えば顔がよくて良かったね、本当に」

キツネ女「今のはレイシズム総統!私は歩けます!ですか? 我が闘争ですか? ポルポトと違って墓はないですよ」

そば屋「でも顔が良過ぎると顔面累進課税が大変なんですよね。資本主義はこういうところを見直してくれれば、あ、もう一通届いていますね。『先ほどから皆さん、もしかして政治とルッキズムの話をされてますか? ルッキズムですか? ルッキズムですか?』とのことです」

ナス「それではここで一曲お聞きください。三期生楽曲で『アネクドート、あるいは現代のマッツ・ミケルセン』」

 

 

♪〜(なんかこういい感じにハイセンスでペダンチックな文体で東方生存圏を主張する歌詞)

 

 

そば屋「いつ聴いても沁みますねぇ、ビリー・アイリッシュは。私も寝る前は必ず神田川を聴くようにしています。さて、ここでお知らせに参りたいと思います。われわれマルクス坂46のメンバーが楽屋やバックステージなどで互いを撮り合ったオフショット写真集の第三弾がようやく発売されます。今回はソマリアでの撮影だったので奥付けにはなんとカメラマンの名前が5人もあります。意味は深く考えないでください」

ナス「この写真集なんですが実は画期的な仕掛けがあって、手に持った状態で各紙面に放射線を照射するとなぜか被爆するんですよね。というわけで、ここでしか見られないメンバーの笑顔と思想が満載の写真集『チェ・ゲバラ』は明後日の仏滅に発売です。価格は時価となっております。皆さんぜひともお買い求めください」

キツネ女「でもこれ発売時期があの人たちの写真集と被ってるんですよね……」

ナス生で見るとそこそこセンネンニイチドノ海辺だか浜辺だかタブンハマベノミナミをぶっ潰す。大丈夫、私たちの方が思想が強い」

そば屋「あ、またお便りが届いていますよ。これは有意義そうですね。えーと、自分より後に入った建て付け上同期のメンバーが、自分より先に選抜に選ばれ仄暗い感情が止まらない。けれども誰も罰してくれないし、神は反応を示さない。人間だれしも自分以外の存在に勝手に価値を縫い付けるが、運営会議で無許諾の髪染めが今週のアジェンダになる者とそうでない者がいる事実においては、イエスがイチジクの木を呪ったのも頷ける。私は踊る方法を得る術よりも、踊らない方法を得る術が知りたい。常に真理は神の如く、現実は幻の一歩手前で、人々は法ではなく世論によって裁かれる。ゆえに聖ペテロが私の名前を呼ぶことはない。幸福に生きよと誰かが囁く隣で、地獄の業火をただ見つめている。乳飲み子のような愛しさと、星々の輝きに似た切なさと、英雄の胸に宿りし心強さですべてが満ちていたあの時代。ハーバーライトが朝日に変り、埠頭からかもめが翔んだあの日。沈むように溶けていくように、二人だけの空が広がっていたあの夜を、私は汚れきった手で今日も掬い取る。果たして一度は数のうちに入らないのか。それならば私はこの人生の軽さに耐えられない。無秩序と博愛の狭間でいったいなにを失くしたか。あるいはなにが神に届いたか。ともかく、私の前には一枚の写真がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真(出典:日本テレビ「新・乃木坂スター誕生!」#18)



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 私はもう何年もこの写真について考えている。取り憑かれているといっても過言ではない。子供の頃、母に連れられてよく行ったサーカスの見せ物小屋には頭が二つある蛇がいた。どちらの頭も正常に機能していて私がガラスケースに顔を近づけると二本のピンク色の下がチロチロと迎えてくれたのをよく覚えている。ケースの中に餌の小動物が放り込まれたときはかぶりつくように見ていた。右と左のどちらが先に獲物を捕まえるか固唾を呑んで見守り、その勝率をノートに記録するようにしていた。私は数奇な運命に翻弄されたその生物に夢中だった。しかし、今の私の人生は爬虫類や生物学的神秘からもっとも遠いところにある。件のノートに至っては表紙のデザインすら思い出すことができない——虜になるとはそういうことだ。どこまでいっても一過性の域を出ず、いつかは記憶の彼方へと押しやられる。だから初めに私は虜になったではなく、取り憑かれていると表現した。永遠に祓われることなく幕が下りる可能性を残しておきたかったのだ。

 取り憑かれた人間が次に起こす行動は固執である。固執の対象となるものは巷に溢れかえるほど存在するように見えるが、実のところ、いつの世も決まって次の四つに集約する。すなわち紙巻き煙草、宗教、既得権益、そしてとかく難解になりがちな命題である。既得権益以外の三つはどれも習慣に深く根付くもので、そこには脆弱性という一つの共通点がある。脆弱性とはその字義とは裏腹に、破壊的な力を秘めている。この場合はとりもなおさず重力をイメージしてもらえればいい。ほんの小さな一歩のつもりが、気がつけば永遠に導かれている。ミュージシャンやギタリストが六本の弦に生涯を捧げてしまうのはそのためであり(音楽が宗教から派生して独立した地位を獲得した経緯については言うまでもない)、数列の問題を解いていた学生が顎髭が白くなってもなお解き続けていることに関しても御多分に洩れることはない——その点で言えば、ヨハン・セバスティアン・バッハはその両方に惹かれたのだろう。彼の晩年の作にしてフーガの最高傑作とも名高い『フーガの技法(英題:The Art of Fugue)』がもっともよく表しているように、数秘術ゲマトリアを駆使して自身の宗教的思想を表現することに没頭したのだから(余談だがフーガの元の意味が遁走であることは何かの皮肉に思えてならない)。また、固執について直接的に言及している作家もいる。サルバドール・ダリは自身の代名詞的作品『記憶の固執』の中で、硬いものと柔らかいもの、知的と無意識、時間と空間、不安と欲望というあらゆるアンビバレントを同時に描いた。結局この絵が何に対しての固執を描いているかはダリ本人にしかわからないが、見た者が絵の中の何に興味を惹かれたかで自身の潜在意識の奥底にある常に気にかけている事物を知ることができる。私の場合は時計(時間)だ。

 固執がもたらすものはえてして破滅であるが——紫煙を昇らせる存在を筆頭に——そうならなかった未来があることも歴史は教えてくれる。先に述べたようにJ.S.バッハは後世に語り継がれる偉大な作品を残したし、アイザック・ニュートンは人類の進歩に大きく貢献することになった。また、彼らのような賢人には至らずとも満足のいく人生を送れた幸いなる者たちは一定数存在する。

 であるならば、この写真は私にとってどちらの道を歩ませてくれるものであろうか?

 一握りの希望か、はかり知れない喪失か。私には確信がある。バッハやニュートン固執の対象となるものと相補的な関係性を築いていたことは想像に難くないが(ある意味で共利共生ともいえるかも知れない)、今のところ私とこの写真との間にそういったものは露ほども感じられない。そればかりか古代ローマのような暴虐的な圧政を思い浮かべるときすらある——かと思えば麻薬を含んだあとのような酩酊感や離脱症状を覚えるときも少なくない。プラスチック製の白色の迷路の中で出口を求めて彷徨うラットを想像してもらえばいいだろうか。そう、私にはどうしたらよいのかわからないのだ。困惑と衝動と破滅願望とを混ぜ合わせたようなえも知れぬ感情を唐突に手渡され、納めるべき場所を探して大海の真ん中でオールを漕ぎ続けている——朔望という単語がある。太陽、地球、衛星が一直線に並んだ状態を示す言葉だ。英語ではSyzygyという。しばしばパラノイア患者が見る夢と揶揄されるインターネットで得た私の中の偏った知識のひとつであるが、これが自身の状態に都合よく当てはまってくれる。すなわち、地球が私で衛星が写真、太陽が今まさに私が欲するところである。写真の裏側には確かにそれが存在しているのだが、私が衛星の影のただなかにいるせいで姿を完全に捉えることができない。ひどくもどかしいこの状態が永劫続くと思ってもらえば、私が抱く苦しみをわかってもらえるはずである。待ち受ける未来がニュートンカール・セーガンの側ではないという私の確信も同様に。

 しかしながら私自身、そこまで悲観的になっているわけではない。諦観はあるが、絶望はない。これもある種の人間的な防衛反応だとは思うが、センスオブワンダーもしくは不運な天災と捉えている。そしてどうすべきはわからないが、したいことならはっきりとわかる。私は散るべくして散りたいのだ。内に宿した怪物を殺せないのなら、私に対して行動を起こせばよいだけのこと。もうお気づきかと思われるが、これは私の遺書である。書き終えたら厳重に封をして弁護士の元へ送るつもりだ。さて、書き留めておきたいことはまだ山のようにあるが、時間という私にとっての神が目の前に立ち塞がってしまっているせいでこの辺りで筆を止めなければいけない。こんなことなら幼少期の蛇の話などせず、感傷的な気持ちもすべて取り去っておくべきだった。昔から先を読んだ行動ができないのが私の大いなる欠点だ。しかし幸運にも最期の瞬間まではまだ少し時間があるので、それまでにこの歳まで残してしまった知りたいことを可能な限り知っておこうと思う。カール・セーガンも言っていたが、この世には知り得ないことなど何ひとつないのだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・

 

・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 下から上に流れゆく無味乾燥で謙虚な白色の文字群。時間の穏やかさと無情さを感じさせるその泰然とした動きを横目で眺めながら、久美子は身支度を整えていた。ようやく長いトンネルを抜け出したのだ。全身が多幸感と満足感とに包まれ、明日もし世界が滅んだとしても充分だと思えるような状態にすらあった。

 久美子はついに完全体と思える答えを手に入れた。今にして思えば実に簡単なことだった。崇高な行為とは高邁な精神の下にのみ顕になり、高邁な精神は自己犠牲の精神によってのみ補われる。つまりもっとも崇高なる行為とは最上級の自己犠牲のことであり、最上級の自己犠牲とはこの映画の中に描かれているものである。久美子にはそう断言できた。自分でも笑ってしまうほど非理性的な回答であるが、そんなことは瑣末だと言い切れるほどの自信——誰であれ、ひとたびこれを観ればひどく高揚しながら行為の主体に対して賛辞の言葉を多分に送らざるを得なくなるという絶対的な自信が久美子の中で恒星のごとく光り輝いていた。

 テレビの電源を落とし、リビングの灯りを消すとお決まりの薄気味悪さだけがそこに残った。無人の家というのはその暗さと冷たさをもって心のもっとも柔らかい部分を強力に締めつけてくるが、随喜に満ちた久美子の身体はなにものも干渉しえなかった。意志の宿った頬のすぐ上に位置する両眼は、それくらい、前だけを見つめていた。

 足早に廊下を抜けると玄関で手早く靴を履いた。無論、夜の街に繰り出すためである。そして久美子は、息つく暇も無く外の世界へと飛び出していった。ついさっき目に焼きつけた崇高なる自己犠牲の物語、その続きを求めてだ。この世ではどんな物語にも続きがある。それは悲観的でもあり楽観的でもある。主観的でもあり客観的でもある。形而上的でもあり、形而下的でもある。こんな風に、我々の行く末には常に未知なる謎が残されているのだ——しかしその物語の続きに限っては、大人から子供まで、世間にとてもよく知られている。フーガの技法と同じく、紛うことなき不朽の名作である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンテンツに生きる 〜または私は如何にしてアニメを観るのを止めて坂道に身を沈めるようになったか〜

2022年も終わりに近づき、地上波のゴールデンが歌特番にレコンキスタされ「飛鳥ちゃん卒業シングルは初見こそ涙が止まらなかったし白石麻衣の卒業シングルに比べればマジで良曲だけどい加減聞き飽きてきたな」と感じ、多方面で開催されているライブやら特番やらにて演者のMC内での発言や劇中の演出に取って付けたように挟み込まれているクリスマスの断片になんとかして恒常性を排しあたかも無二の時間を共有していると錯覚させようとする運営の企業努力を見て「そもそもクリスマスって存在しないんじゃない?」という疑念を抱くと同時に、Dr.コトーは曲が良かったからあんなに人気を博したんやろなぜなら内容なんて誰も覚えてないのだから銀の龍の背に乗ってが流れるなか大海をバックに自転車を漕ぐシーンしか覚えていないのだからというか竹内まりや中島みゆきの曲はもう一生この世に残るんだろうなという確信を得た今日この頃、今年の締めくくりとして「なぜわたしの前にはいま、齋藤飛鳥の文字が踊っているのか」をここで一度精査しておこうと思い、久方ぶりのブログ更新と相成りました。これ以前に途中で燃え尽きてお蔵入りになった記事がいくつもあるので、今回は最後まで書き切りたいですね。頑張るます。

 

 

今年は悲しいことがたくさんありました

 

 

さて、上記表現では伝わっていない可能性が多分にあるため本稿の主旨をもう少し高解像度で説明すると【アニメを観なくなったのはまだわかるがとはいえなぜ乃木坂(坂道シリーズの総体という意)だったのか】を可能な限りニュートラルに分析するという話です。したがって、大まかな流れとしてはまずアニメを観ていた時代は結局なにを求めていたのかを明らかにし、そのうえで乃木坂がガッチリハマった要因を考察していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

1.アニメから離れるまで

1-1.アニメを観なくなった理由

なぜアニメを観なくなったかという問いに関しては、すでにかなり明白な答えを持っています。一言で言えば、オタクにとって喜ばしい作品(プランクニゾマイ)が少なくなっていったから。超上からな発言ですがご容赦ください。ではこのオタクにとって喜ばしいとはどういうことか。個人的な見解になりますが、オタクがなにを面白いと感じるかってとどのつまり細部の設定なり詰め込まれた小ネタだと思うんですよ。これは持論を振りかざせる余地とは少々異なりもっとシンプルな話で、型月を例に挙げればメルブラで「シオン・エルトナム・アトラシア」だったキャラクターが、FGOでは「シオン・エルトナム・ソカリス」になって出てきたとかチョー面白いじゃないですか。他にも(アニメではありませんが)TRICKで言うと「ウヌャニュペェィギュゥリュ星人」とか「長野県蝨郡蛾眉村字虻」とか「しっぽ茶」とか、会話中にその単語を放り投げるだけで大爆笑できるような小ネタとかオタク大好きじゃないですか。らき☆すたなんて全部のネタ拾おうとしたら無限に知識を要求されるわけですし、コミケのときに買い出し要員のオタクのことをファンネルって呼称したりするのってそういうことだと思うんですよ。要するに、かんなぎのOPであるところの戸松遥の「motto☆派手にね!」は実は中山美穂の「派手!!!」って曲が元ネタ、みたいな表立ってない知識がオタクは好きなんだよねという話です。たしかに新海誠作品も面白いことには間違いない。ただしオタク的に刺さるかとかと言われれば、そこまでではないような気がしてしまう。前作のヒロインがサブキャラで登場するシーンよりも、これはゾンビですか?でサブヒロインが唐突にアルコールランプでスルメを焼き始めるシーンの方が数十倍好きです。

 

 

プランクニゾマイの例

 

 

また作品の周縁に視点を移すと、ヤバいオタクがいなくなったということもアニメを観なくなった理由のひとつとして挙げられると思います。往年の「フォカヌポゥコピペ」や「柳田國男がレビューするアマガミ」みたいに、明らかに常軌を逸しているオタクが出てくるような作品って昨今まず見ない。あれこそ、知識に知識で対抗する面白さを教えてくれる代表例だと思いますし、いわゆる「お前らとは違うんだよ」というオタク的な気概を上手いことオルタナティブに表現していたなと思います。昨今はオタクという言葉も延いてはアニメという言葉も輪郭が曖昧になってきていますが、線引きをするならばこういうところ、つまり、知識でしかコミュニケーションが取れないなりに奇抜なエンタメ性を持ち合わせる(あるいは持ち合わせた)ことで絶妙に社会に適合している人種がオタクなのではないかなと。

……というかもっと言えば、オタクの前提条件さえ今や変わってきてしまっていると感じるんですよね。昔は基本的にどのオタクにも知識量がある奴の方が上に決まっとるやろという意識みたいなものが確実にあったと思います。しかし先日、四つ下のそこそこアニメ見ているオタクと会話していたとき、自分が好きならそれでいいんじゃないかと言われ「150パーセントお前が正しい」としか返せませんでした。そこで気づいたのですが、たしかに同期のオタクの中にもその他大勢タイプ(コンテンツを斜めに捉えないタイプ)って何人かいるんですよね。それで周りのサンプルを比較していって判ったのですが、結局これって周りにディープな先人たちが居たかどうかで決まってくるのだと思います。僕自身も最初にアイマスに触れたときに部活の先輩からさまざまな啓蒙(とりあえず箱マスとSPはマストでプレイしろ等)を受けたことがきっかけで、結果どのコンテンツに触れてもとりあえず最深部までは手を突っ込むようになったわけなので。

 

最後はかなり話が脱線しましたが、とりあえずアニメを観なくなった理由としては以上二点が大きな理由かなと思います。ちなみにアイマスに関しては、コール問題なり男キャラ問題なり、随所でモヤモヤする機会が多くなって疲れたからというのが一番大きな理由かなと思っています。

 

 

1-2.そもそもなぜアニメを観ていたか

ここでそもそもアニメ、あるいは両足をどっぷりと浸けていた特定のコンテンツに対して結局なにを求めていたかを整理しようと思います。また実際には、他にも18禁ゲームなり声優ラジオなり同人媒体なり色んなものを摂取していたわけですが、面倒なので一括りに『アニメを観ていた』と表現します。

さて、観ていた理由となると少々難しくなります。なぜなら理由なんてないのだから。なのでとりあえず真剣にアニメを観ていた時代から今日に至るまでのスタンスを大まかなフェーズに分けて、それぞれどういった背景があったかを端的にまとめてみます。

 

第1フェーズ(オタク黎明期):

 流行ってた。みんな観てた。アニメ(2次元コンテンツ)に最も勢いがあった。

[解説]

今思うと世間的にアニメというものが日陰からちょっと顔を出してきた時期がちょうどこの辺だったのかなと思います。社会がオタクに優しくなり始めたというか、「そういうのもあるよね」みたいな空気が出来始めたというか。ラノベが社会的に認知されるようになってきたくらいの時期ですね。なので(中高一貫男子校という環境もあって)そういうのが流行ってるのかと足を踏み込むことになったわけです。で、実際観てみたら面白かったと。

 

第2フェーズ(オタク全盛期):

 マウントのために観ていた。一番楽しかったし、一番金と時間を使った。

[解説]

あらゆることに全力だった。前述したとおり、古きよき先人達が周りにいたことも作用して、ひたすらに密度の濃い時間を過ごしていました。如何に効率よく知識を溜め込むかに心血を注ぎ、『アニメ(字義)の見方』『エロゲの使い方』『ライブのこなし方』『コミケの攻略法』等々、どっこにも応用することのできない力をほぼ上限値まで培うことに。

 

第3フェーズ(限界効用逓減期):

 飽きた。これ以上消費しても有益な情報は得られないというくらい一生分観た。アニメを観終わった。

[解説]

自分が興味を持てる範囲において観ていない作品がシンプルに合わないやつか、見方がわからないやつ(ガンダムなど)だけにほぼなり、そのうえ新しく入ってくる作品が白湯のようなものばっかりになったため、ローラー的にアニメを消費するスタイルから、ある程度厳選して消費する(純粋に自分が面白いと思うものだけを観る)スタイルに切り替わりました。それこそアイマスとか型月とか。提督業は引退しました。

するとその結果、余剰となる時間ができるわけですよ。そこでなにをしたかというと、映画なりドラマなりお笑いなりを結構観るようになったんですね。一般庶民の家庭なので小さい頃からテレビだったり映画だったりを観る習慣はあったので、そっちの割合が増えたような感じです(あとはサークルとか飲み会とか彼女をつくる以外のことをそこそこ楽しむように)。この辺りからアニメもまぁ面白いよねみたいな思考になり始めたように感じます。生き急いでたつもりはまったくありませんが、要はそういうことなのか?

 

第4フェーズ(齋藤飛鳥):

 要約すると丸くなった。

[解脱]

丸くなりました。(詳細は後述)

 

以上が大凡のオタク的人生変遷になります。ではこれを俯瞰しながら、いったい自分がアニメになにを求めていたのかを追究していきます。

まず前提としてコンテンツが好きというのは間違いないです。それも奥行きと幅のあるコンテンツです。ここで奥行きとは、メタ的な意味合いでの厚み(設定や小ネタの密度、作品としての歴史など)がどれくらいあるかというニュアンスで、幅とは多様性(派生物、消費媒体の多さなど)がどれくらいあるかというニュアンスです。ここで重要なのはこれは必ずしもメディアミックス系の大型コンテンツとイコールではないと言うことですね。どういうことかというと、基本オタクは他人が好きなものは嫌いです。そこで差別化を図るために「俺はこういうところまで知ってる」「俺はこういう風に捉えている」というスタンスになるわけですが、これは幹が太くても枝葉があまりない作品には通用しません。要は「ダンシモンズの影響がですねwww」とか「や、disillusionではなくTHIS ILLUSIONなんですが」とかが言いたいので、奥行きと幅がある上である一定のわかり辛さも孕んでいてほしいということです。ここで言うわかり辛さとは、内容そのものの理解が難しいということだけでなく、そのコンテンツ上にあるものをすべて理解するとなるとめっちゃ難易度が上がるみたいな意味です。アケマスのロケテストとか、遠坂凛の怪しいドイツ語とか、なんであれ俺だけが知ってる(と思い込めるような)状態になりたいんです。

しかし、そういう味のある作品は実際数が少ないので、消費しているうちに徐々に枯渇していきます。だから弾数を増やすためにアニメを観るわけです。つまり、全盛期に熱心にアニメを観ていた理由は、純粋にアニメというものが好きで面白いと思っていたから、どんなアニメも知っているという称号を得てマウントを取りたいから、というのももちろんありますが、一番は類似したコンテンツを見つけたいからです。これはアニメを観終わりもはやマウントを取る必要もなくなった第3フェーズ以降、顕著にそう思うようになりました。

 

さて問題はここからです。ではなぜコンテンツが好きなのか、そこに何を求めていたのか。断言します。それは情報ないしは知識です。前述したような味のあるコンテンツというのは、一つの枠組みの中に数多くの情報を含んでいます。なので手当たり次第に1クールのアニメ(字義)を観たりするよりも、知識の吸収という点においては遥かに効率が良いわけです。

となると今度は、なぜそこまで知識を欲しているのか。無論、何度も言うようにマウントをとるため……だけではありません。正直これは言いたくないのですが、そもそもの話、オタク以外の人たちが普段どうやって生きているのか、もっと言えばどうやって時間を消費しているのか、自分はわかりません。本当に想像がつかないわけです。すなわち知識を欲しているというよりかは、人生における時間の消費の仕方として知識を仕入れる以外の手段を知らないから、結果的に情報の詰まっているものを探してしまう、ということです。ちなみに先ほどから知識知識と連呼していますが、あくまで趣味の範疇の話ですので、ここでは高度な専門性を有するアカデミックなものというよりかは、疲労を溜めることなく手軽に取得できるジャンクフードという意味合いで使用しています。ただこれは、逆に言えばアニメでなくともいいということも同時に意味しています。とにかく、ある一定の枠組みと密度さえ担保されていればいいわけです。枠組みがないと、結局俺はどこまで知ればいいんだ?となってしまいますからね。

そしてもうひとつ、知識を欲する理由があります。それは新たな知見獲得のためです。当然ですがこれもそんな高尚な意味ではありません。前述したオタクの二大基本スタンスである「俺はこういうところまで知ってる」がシンプルに知識の数量に依存するのであるならば、「俺はこういう風に捉えている」は知識同士の掛け算に由来します。よくオタクの会話中に出てくる「え、それって◯◯じゃん」はまさにこれであり、オルタナティブであるため、エンタメ性を創出するためには欠かせない要素だと思います。まぁ要するにオタクのしょーもない戯言なのですが、伝わっていない方のために例を挙げておきます。

 

【命題:菅井友香はなぜあの欅坂46で永らくキャプテンが務まったのだろうか】

菅井友香の実家はマジのやんごとなき御家である

菅井友香学習院出身である

学習院は皇族も通われるような大学であり、そのうえ時期的に佳子様も在学していた可能性が高い

④欅坂は公式がいじめがあったと認めるくらいには、そんなに育ちのいい子がいない

■推察:これつまり、ノブレスオブリージュだったのでは?

 

仲がいいらしいです。(出典:テレビ東京「欅って、書けない?」#78)

 

というわけで、以上をまとめると次のようになります。

 

・アニメを観ていたのは、コンテンツを探していたから

・コンテンツが好きなのは、知識の仕入れ先としてもっとも効率がいいから

・知識を仕入れたいのは、

  [根本的に]時間をそれでしか消費出来ないから

  [基本スタンスとして]マウントを取りたいから

  [基本スタンスとして]オルタナティブでありたいから

 

これでようやく前置き部分が消化できました。長くなって申し訳ありません。

それではこれらを踏まえた上で、次項よりようやく乃木坂について考えていきます。正直もう答えは出ていますが(乃木坂はコンテンツでした)、プラスアルファの部分がかなりあるので書きます。

 

 

2.なぜ乃木坂だったのか

2−1.きっかけ

1年前の秋頃、高坂麗奈から電話がかかってきました。

黄前久美子「もしもし」

高坂麗奈「乃木坂工事中って知ってる?」

黄前久美子「あまり」

高坂麗奈「ちょっとこれ、コンテンツっぽいんだけど」

黄前久美子「嘘でしょ」

 

きっかけ(2ndアルバム「それぞれの椅子」リード曲)

 

2−2.本当にコンテンツだった

はじめに見たとき、大量の情報が浮かんでいると思いました。嘘です。単純に面白いと感じました。前項で語ったように、坂道に触れる直前はアニメを観る代わりにYouTubeでお笑いだったりRTA動画だったりと、とにかく手軽に笑えるものを摘んで観るような時期で、自分の中でアニメの立ち位置がかなり相対化されていたので、視聴にあたってそこまで敷居は高くありませんでした。これまではアイドルというとどうしても世代的にAKBのイメージなので、なんというか「やっぱりドロっとはしている」「ゆうて茶番やろ」みたいな先入観があり、相容れないものとして捉えていたのですが、乃木坂(乃木中)に関しては「普通にこれバラエティやんけ」とスッと入ってきて、それまでの日々の延長として捉えられたという感じです。特にMCがバナナマンなのが本当によかった。ねるとんをはじめ随所で観てきた人たちだったので。恐らくこれがメンバーだけで回すような建て付けの番組だったら、かなりしんどかったように思います。

さて、明確にこれをコンテンツだなと認識したのは乃木中を観始めて1週間くらいしたときでしょうか。正確にはコンテンツとして認識したというより、無限に掘削できると確信したですね。以下にその理由を述べます。

 

ちょうどいい量だった

まぁまずはメンバーと番組数の多いこと。10年やってるから当然なのですが、しかしAKBに比べれば非常にシンプルな構造なので全然処理できる。先ほどから「いいから大量に知識を寄越せ」と言い続けていますが、実はこれまったく面倒なことに多過ぎてもよくないんですよね……。ガンダムみたいに「これはどこから手をつければよいのですか?」となってしまって。だから手を出せた要因として、内容量的にちょうどよかったというのは存分にあると思います。

 

一枠で収まった

1−2で敢えて書かなかったのですが、知識以外にもコンテンツに求めていたものはあります。あくまでも自分が求めていたものという観点からの推論ですが、コンテンツから抽出できる要素は大きく分けて『物語』『かわいい女の子』『エンタメ性』『知識』の四つなのではないかと。そして、乃木坂にはあろうことかこのすべての要素があったんですよね。野暮ったいので全部は説明しませんが、例えば『今一番勢いのあるアイドルグループこと日向坂46を人にきちんと説明しようとすると、欅坂46と同グループ所属の長濱ねるおよび平手友梨奈という個人の話からしなければならないし、欅からの独立宣言が公布された時に体裁を気にせず大喜びしたメンバーと目が死んだメンバーがいる』みたいなオタク的に刺さる脚本・設定がいっぱい用意されていたってことです。

そして何より最も重要なのが、前述したようなこれまではアニメとは別枠として消費していた諸々までをも手広く内含してくれる枠組みだったことです。これにより、同じ見方・ルーティンですべてを消費することが可能になりました。

 

弾数が多かった

②とも少し被りますが、枠が広いがために弾数が素晴らしく多いです。また日向坂の話になりますが、冠番組における企画の内容や挿入されるテロップはもはや『らき☆すた』レベルの小ネタです。メンバーが出ている外番組から全く関係ない大昔のバラエティ番組・芸能人のトピックスまでふんだんにネタが盛り込まれているため、懐かしさを覚えることもあれば「あ、それも知っとかないといけないんだ」と新たな指針を受け取ることもあります。おかげで自ら開拓する労力がオタク全盛期の半分くらいまで減りました。

 

かわいかった

AKBの某番組で乃木坂が『顔面偏差値ルール違反アイドル』と紹介されていましたが、ソニー資本力に裏打ちされた乃木坂はマジですごいです。しかしここにおける本質はそこではありません。1−2の第4フェーズで丸くなったと表現しましたが、要するにこういうことです。

 

現実にいる女性を見て素直に可愛いと言えるようになった。

 

 

 

 

3.総括

というわけで今回は2022年の総決算として、自身のオタクとしての半生を要約する試みを行いました。半年ほど前からなぜ坂道がイケたのかと不思議に思っていたので、いい機会だったなと思います。しかしながら、当初は打算的に好きなものを移行させたのかとも思いましたが、むしろ昔とまったく同じことをしているということがわかり、良かったのか悪かったのかなんともといったところです(よくはない)。兎にも角にもコンテンツを斜めに捉える人種なら、テレビを観ていた土壌はなくとも乃木坂はきっとハマるでしょうね。今のところ自分と同じようにアイドルを観ている人間は2人くらいしか知らないので、私もという方は是非ともご応募お待ちしております。抽選で4名様(性別・犬種は問いません)に『徴兵で行くイエメン〜7泊8日の旅〜(女子旅プラン)』の申し込み優先申し込み券を製品お買い上げ時にお渡ししたシリアルコードに印字して郵送いたしますので、絶対に無くさないようお願い申し上げます。なお紛失・盗難・溶解された場合は、恐れ入りますが番号をお確かめのうえ、いま一度音声ガイダンスの手順にしたがって平日午前10時から午後5時までの間にオペレーターにお繋ぎいたしますよう何卒よろしく御審議の上、来年に於かれましては謹んで益々のご発展を心より心身ともにお祈り申し上げ度、茲に上程致します。

C100潜入!コミケの際どすぎるコスプレ一覧(画像あり)

 

〜前回までのあらすじ〜

 

朝起きたらネオナチを自称するポン引きに囲われていた遠藤ひらがなさくらは、同和問題解消のため朝鮮半島レコンキスタしてくれと嘆願される。「それもダイバーシティインクルージョンだよね」と鶴の一声を発すると「しかしテセウスの船ではありませんか?」と返され困惑。正直意味がわからない。とりあえず衆院選への出馬に向けて、FC◯動画の個撮売れ筋ランキングをPythonに調べさせると『カル◯ン・クラ◯ン』の文字列が弾き出される。すぐさま同社のインナーを買い占めるよう告げるも、出てきたのはア◯ウェイとサイ◯ントロジーのコラボTシャツ。そして降り掛かる不穏な一言。「""真実""に興味はございませんか?」しかし、彼らの真の正体はサティアン・チルドレンであった。

 

そんななか、白すぎるという理由で漂白剤を作っている会社から訴えられた久保栞は「でも古畑任三郎ってコロンボのパクリだよね(笑)」と反駁したことで難なく敗訴。さらにその日投稿されたブログを縦読みすると『教育勅語』の文字が浮かび上がったことで、プロ市民とツイフェミから猛烈な批判を浴びる。日本国に居られなくなった栞は、パルチザンの手を借りドバイに亡命。するとそこには、Eテレに出演した際に受信料ネタを口走ったことで紅白出禁を宣告され「ならば本当の赤を見せてやる」と捨て台詞を残して闇に消えた、堕天使AYAME(Our Angel)の姿が。髪色と同じくらい汚れきってしまった彼女のパスポートに心が打ち震えた栞は、天に向かって吠え立てる。「東大医◯部は頭悪い!!!

 

2人の接触を知った当局は、緊急特別プロトコル『AMMA(飛鳥マウス、街にあらわる)』を発令。しかし飛鳥は、携帯のパスコードを『731』に設定していたことで中国の秘密警察に捕らえられていた。メンマをシナチクと発音することでなんとか乗り切るも「いちごミルクってスワヒリ語で指導者って意味なんだよねぇ」と今度はKCIAに職質される。本当に半島がイヤ。そんなこんなで急遽、カキ・ハ・ルーカにコロンビアの大統領選への参加を促すことに。当初は「それって残業代出ますか?」と眉をシの字にするカキだったが、早川を写真集でマジで脱がすならという条件にてようやく了承。オーストラリアの首都をシドニーにする公約によって、他候補者に7000億票差をつけて見事当選。無事に麻薬カルテルのリーダーからTwitterでいいねを貰うことに成功する。

 

遠藤ひらがなさくら、久保栞、カキ・ハ・ルーカがライトセーバーによる熾烈なモルック賭博を繰り広げるなか、『すごい平和を実現するThe権力党』のSDGs大好きアパルトヘイト太郎(98歳・フィリピン人・宦官)が「I am your father.」と言って立ちはだかる。「ふーん、で、君は涼宮ハルヒのキャラで誰が好きなの?」と尋ねると、独特の笑い声とともにダン・シモンズを引用した自説が展開され、終いには天皇主権が叫ばれる。全国各地でシュプレヒコールの波が通り過ぎていき、変わらない夢を流れに求めた結果、玉座に座したHer Majesty The Emperor NAGI(キュートなポニーテール)が「朕こそが乃◯坂46である」と宣言。これにより、キツネ動画でバズった神奈川沙耶は東十条への引っ越しを画策するが、住民票の写し(現物)に含まれた日本語の難しさの前に呆気なく散るのだった。

 

一方、自室のNational製350型24k有機ELテレビ(Made in China)に、秋葉原で購入した脱法B-CASカードを試すも失敗に終わった山上みつきは「タダで映像の世紀を観させろ!!!」と絶叫しながら激しく台パン。大人しくメッセを開き、ホイットマンの詩を自作と偽って送りつけオタクの教養を試していると、ふと頭にグラスノスチなる単語が浮かぶ。真の正義を実行するためすぐさま東京地検特捜部にLINE。「当选おめでとうございます!! あなたも今日からジャック・ニコルソン!! つきましては以下の口座に5000万误送金してください」当然ながら家宅捜索を受けることになったみつきは、三島由紀夫オスカー・ワイルドだけは隠さんと、箪笥の引き出しに自慰行為の際に使用する手(注:背中から生えている)を突っ込む。こうしてみつきは、天板の裏に隠された封筒から自身の出自にまつわる恐るべき真実を知ることとなり、さらにTaspoを持ち合わせていなかった平塚美波は、タバコの自販機にお得意のヤクザキックケンカキックを入れたことで異世界へと飛ばされてしまうのであった!

 

 

 

※当ブログはネタブログであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません

 

 

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

 

 

 

C100に行ってきました。

ドル堕ちしてから記念すべき2回目のコミケです。

楽しかったです(感想おわり)。

 

ムーブとしては、1日目は評論島を回ったあとコスロム島に行き、顔がいいんだか悪いんだか分からないけどとりあえずエロい格好で鎮座してるし錆びついた日常ではこんな光景なかなか見られないからまぁ見ちゃう、要するにマジで好きって500回くらい言いながら散歩して(通称 : さくさんぽ)帰って寝ました。

2日目は7時半から竹箒に並び、竹箒を買い、帰り際にふらっと竹箒完売の瞬間を見届けて帰って寝ました。

 

C81から基本的には例年欠かさず参加してきたコミケですが、思えば最初のうちは企業ブースしか認識しておらず可愛いものを買って物欲を満たしていただけだったはずなのに、いつの間にやら『女子のおしっこ(e.g.おもらし)を主題にした希少な書籍』なり、『男女間における通俗的な儀式や求愛の果てにある人間の変態性を情感豊かに表現した文学的な書籍』なり、『インターネッツの知識に乏しい幼気な少女が倫理観を欠いた成人男性たちに弄ばれ深みへと嵌まっていく様をスリリングに描いた社会派の書籍』なりを死に物狂いで買い求めるようになっていました。

 

まぁ、わたしは年々購入数も減っていき、前回と今回に関してはもう一冊も購入していないのですが。ではなぜ今回竹箒に並んでいたかといえば、ファンネルです。ここ数年は友人・知人を含めて大体15〜20人くらいで常に回っているのですが、ドル堕ちの結果もはやファンネルになったわけです。

ちなみに上記のグループですが、これは本当に大真面目に転売ヤーではないのです。このグループのうち数名が例年欲しい冊数がマジで多すぎて(一人でおよそ150〜200サークルくらい)、企業・同人問わず少しでもコミケで買いたいものがあるなら一緒にやろうぜと周りのオタクたちに声をかけていったらこうなっていたのです(発起人はわたしではありません)。過去にはデレの物販に並んでいたら隣のオタクとTwitterのフォロー作家がほとんど一緒で意気投合して加わったなんて例もあります。そのため、年齢も職種も性癖もみなそこそこ違いますが(なぜか昼間は内閣官房にいる人もいたり)、全員が紙面上のセックスに真剣なので和気藹々とやっております。まぁそのせいで大学の先輩の妹のBL本を買う羽目になったこともありましたが、今となってはいい思い出です(列に並んでたら周囲の貴婦人方に二度見された)。

 

さて、こんな風に大所帯でコミケに挑んでいるオタクも少ないと思うので、C100という区切りを終えた今、われわれがどのようにしてコミケを攻略してきたかをここに記録として残したいと思います。というか、これだけ人海戦術を駆使すれば、そりゃ全員がそれぞれ欲しいものを確実に手に入れることができるだろうと思われそうですが、先ほども述べた通りマジで転売ヤーではないので、人数が多い分各々が好き勝手に欲しいサークルを投げてくるため、効率性と安定性が確保されるまでには多くの試行錯誤が必要でした。

何に対しての試行錯誤かというと、主にはリストです。こいつがまぁ厄介な存在なわけです。というわけで、本記事の主題は【コミケリスト作成を効率化するための方法論】となります。ぶっちゃけ(後述する諸事情により)まだ色々と試している最中ですが、とりあえず現状これがベストだろうと思われる手順を書いときます。複数人でコミケを回る際の参考にしてもらえれば(あとこれよりいい方法あったらコメントください)。

 

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

 

 

では早速始めていきたいわけですが、C99とC100に関しては主要ツールであるコミケカタログに突然変異が生じ(正確には変異ではない)手順を大幅に変えなければいけなくなったため、 二つ記載します。あと、企業に関してはリストなんてどうとでもなるため、同人サークルに全力投球する場合においての話となります。

 

以前までの手順(DVDカタログ)

1.オタク全員にアルファベットを振り分ける。

  例:井上→A、菅原→B、池田→C・・・

2.各自が当該サークルのメモ欄に所定の書き方で欲しいものを記載。

  例:「翡翠亭|A 新刊1 500円 ※折本欲しい」

3.完成したらcsvで書き出し、所定のクラウドに各自上げる。

4.リスト編集者が全csvをダウンロードし、カタログにて統合。

5.カタログでマークアップされた地図をすべて印刷。

6.識者がこれまでの知識と経験を元に、手書きで地図に境界線を引いていき、一人一人回るサークル及び範囲を決定(分割案の作成)。

7.6で出来た分割案を参照しながら、リスト編集者が統合リストから当日使用リストを各種作成。

8.全当日使用リストのメモ欄の編集。

  例:(編集前)「翡翠亭|A 新刊1 500円 ※折本欲しい B 新刊1 値段不明 C 新刊あれば1

    (編集後)「翡翠亭|ABC 新刊×3 500円×3 ※折本いる

9.8で編集したリストの印刷。

 

以前まではこんな感じで作っていました。以下補足。

・手順1:初期は普通に苗字を並べていたが幅を取るため記号に変換。見やすくなった。

・手順2:Twitterのお品書き等で値段が判明している場合は、予め記入するようにした。現地でいちいちボールペンを取り出しメモする手間が減少。※以降は補足事項がある場合のみ記載。ちなみに使用する色は一色のみ(たまにカラフルな地図を持っているオタクを見かけるが、逆に視認性低くないか?)。

・手順3:使用するクラウドをOneDriveにするとダウンロードの際に文字化けしたり、クラウド上でファイルを開くと勝手にスプレッドシートに変換されてしまう事象が発生するため、GoogleDriveの方がベターと思われる。

・手順6:初手サークルを指定し、1人あたり30サークルまでになるよう調整。どこかが事故っても周囲の人間でカバーできるよう各館内にいる人数も調整する必要あり。各サークルでの経験則(牛歩サークルなどの把握)が肝要。また、大人数の弊害だとは思うが限数情報も必須(当日まで限数不明のときは場合分けで複数作成)。

・手順7と手順8:どっちを先にしてもいいがリスト編集担当が複数いる場合(われわれの場合は二名)は分担して作業できるため、この順序を推奨。

手順9:印刷設定は「A4横」「地図+サークルリスト」「棒線なし」。できるだけスマートに(サークルカットも印刷しているオタクが多い印象だが必要か?)。

 

大まかですが、以上がDVDカタログという非常に優秀なツールが持つ能力を最大限活用した(と思う)手順です。毎回少しずつ改良していき、このような形に落ち着きました。しかし、C99からはDVD版は廃止されてしまいました。それによりWebカタログの使用を余儀なくされることになったわけですが、あろうことかWeb版には統合機能が存在しない

 

その結果なにが起きたかというと、

 

C99からの手順(Webカタログ)

(以前と同手順のところは灰色にしています)

1.オタク全員にアルファベットを振り分ける。

2.各自が当該サークルのメモ欄に所定の書き方で欲しいものを記載。

3.完成したらcsvで書き出し、所定のクラウドに各自上げる。

4.リスト編集者が全csvをダウンロードし、専用ツールにて統合。

5.カタログでマークアップされた地図をすべて印刷。

6.識者がこれまでの知識と経験を元に、手書きで地図に境界線を引いていき、一人一人回るサークル及び範囲を決定(分割案の作成)。

7.6で出来た分割案を参照しながら、リスト編集者がExcelの知識を駆使しながら上手いこと統合リストから当日使用リストを各種作成。

8.全当日使用リストのメモ欄の編集。

9.8で編集したリストのPDFを作成し、印刷。

 

以下補足。

・手順4:さて、専用ツールとはなんぞやという話であるが、文字通りコミケリスト専用csv統合ツールである。プログラミングの出来る知り合いに頼み込み、C#で作成してもらった。依頼料5万した。すべてはExcelが悪い。

・手順7:すべてはExcelが悪い。

・手順9:すべてはWebカタログが悪い。真面目に言うと、異なる複数のリストを印刷する場合は、イカれてんのかってくらい面倒な工程を要求される。まぁ一枚印刷するだけでも普通に面倒なんだけれども。

 

他にもcsv文字コード変換工程など細かいことはたくさんありますが、今回は省略しました。要するにリストの統合方法が大幅に変わってしまったということです。ぶっちゃけツールのおかげで統合自体はそこまで面倒ではありませんが、Webカタログ自体がよく分からない仕様のため以前より手間がかかるようになったのは間違いありません。また、それとは別に手順8におけるメモ欄の編集についても、どうしてもここだけいい方法(自動化)が思いつかないので現在も最適解を模索中です。Twitter等で似たような境遇の人間探してるんだけど、いないんだよなぁ。

 

 

というわけで、C100を記念してコミケリスト作成の効率化に対するわれわれの現状の考えをまとめてみました。次回はどうせまた坂道の話をすると思います。それでは。

 

 

あ、例の竹箒の本ですが、一緒にリスト作成していたドルオタの「大体全部見たことあるな。要するにこれ、自分がきのこと武内を一通り追えてるかの確認資料じゃん」という台詞がチョー面白かった。

 

 

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

 

 

 

【余談】

今回は天王洲アイル東横インに泊まりながら(マイルオタクに取ってもらった)ドルオタと一緒にリストを作っていたのですが、ニコチンが充満した部屋のせいで頭がおかしくなったのか、風呂に入る直前、パンイチ姿の相方が突然パンツに片手を突っ込み「秋元真夏のマネ」とか言ってきやがりました。秋元2nd写真集の例のカットのつもりだったそう。真面目な男だったはずなのに……ドルを知ったために半年でこんなことに。顔のいい女は人を狂わせるということを痛感しました。あと絶対に、直前に観ていたあちこちオードリーのオンラインライブとスリムクラブの慰問ネタとバーバパパの狂った動画がよくなかった(DJ松永くんがすげぇ好きになった)。

 

 

 

 

 

 

 

最後に、今日の一言兼次回予告。

 

 

 

 

 

 

 

池 田 瑛 紗 

 

 

ハ ル ヒ コ ス プ レ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

狂った。

天空アイドルは日航機123便の夢を見るか

筑紫哲也こんばんは。今夜もNEWS23のお時間がやってきました。筑紫哲也です

新内眞衣セント・フォース所属、新内眞衣です。よろしくお願いします

哲也「最初のニュースです。今日午前8時頃、埼玉県八潮市にある県立八潮サウス高等学校に刃物を持った女が侵入し、教職員数名を脅したとして逮捕されました。逮捕された女は同高校の卒業生で、現在は市内の工場に勤める村田ゆま(仮名)、23歳とみられています。警察の取り調べに対し女は『過去を抹消したくてやった。出自ごときで私を落としたソニーミュージックが全てわるい』などと供述しているようです

まいちゅん「怖いですねぇ。私も埼玉出身なんですけど、ギリギリまともな学校だったので本当に良かったと思っています

哲也「続いてのニュースです。例年イーロン・マスク氏が主催する“世界に通用する顔のいい女〜1選〜”に日向坂46の小坂菜緒さんが選ばれました。受賞した小坂さんからコメントをいただいています。『だと思った』とのことです。今年の4月には、同グループの齊藤京子さんが国民栄養賞を受賞するなど、いま一番勢いのあるグループ日向坂46から目が離せません

まいちゅん「小坂菜緒さんは昨年から半年ほど休業されていましたけど、原因は結局なんだったんですかね? わたしは妊娠だと思ってます

筑附卒東大生コメンテーター「それは個人の見解では?

哲也「たったいま速報が入りました。えー、福岡県在住の爆乳女性が、過去22年にわたりアルゼンチンから馬刺しを密輸し続けていたことが発覚し、福岡県警が女の身柄を拘束しました。現在身元を特定中とのことです。では、最後にお天気のコーナーです。新井恵理那さーん

 

※当ブログはネタブログです

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

 

つい先日、身内と福岡の福津に行ってきました。活きのいいヤリイカを食して内なる欲望を満たし、女性への性被害を未然に防ぐためです。

 

活け造りだったので、途中からコイツの前世はイカになった


イカだったものを食し終えて店から最寄りの駅へと向かう道中タクシーを使ったのですが、その車内にて面白いことがありました。

 

運転手「君らもーあれ? あのー、AKBのファンなんか?」

AKBオタクと認識されているわたし「क्या?

運転手「あ、違うの? そっかー。いや君たちがさっきいた店、あそこね、大家志津香さんの実家なんよ。けっこう若い人たちそれ目当てで行くからてっきり(笑)」

 

要約すると、当方オタク顔の非オタ(通称:キモ)になりました。

 

夜は福岡駅周辺の海鮮居酒屋にて5時間ほど生簀の魚を食い散らかし、ホテルに戻ってからは非坂道オタクに乃木撮日向撮をぶん投げ、好みの顔を見つけて言えば風呂に入らせてやると脅し(何人かフルチンで精査することに)、翌日は金印や例の顔面不確定性爆乳女*1が産出すると話題の志賀島を一周したりして帰って寝ました。

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

 

 

さて、全ツが始まったいまTwitterで野生の天空アイドルの目撃情報(3期以上がどうやらグリーン車らしいという情報が唯一有益だった)が流れるのをみて、ふと思ったことがあります。

 

地上の有象無象ならともかく、この子たちも新幹線なのか。あー、まぁたしかに飛行機は墜ちたとき困っちゃうから仕方ないのか。

 

で、気づきました。

 

 

 

 

 

 

乃木坂の乗った飛行機が墜ちたら、いったいどうなるんだ?

 

 

 

 

 

 

もっと言えば、

 

 

 

上海ライブなり海外ロケのときは飛行機使ってるよね?

 

 

 

というわけで今回の主題は、株式会社ソニーミュージックエンタテインメントおよび乃木坂46合同会社の天空アイドル海外派遣時におけるリスクヘッジを予想してみよう〜飛行機搭乗編〜です。

 

 

まず前提として、

 

 

搭乗機は2機に分けられている可能性が高いかもしれない

 →理由:1機だと落ちたとき日本経済に小さくない穴が開くことになっちゃうから(というかマジで大変なことになるんだろうな)

 

JALANAかなぁ

 →理由:JALANAっぽいから

 

片方落ちてもなんとかなるようにいい感じにメンバー振り分けてそう

 →理由:こういうことを考えるのが一番楽しいから

 

 

以上を踏まえて、JAL機・ANA機における搭乗メンバーをそれぞれ考えていきたいと思います。ちなみに7月23日時点での在籍メンバーとし、なおかつ5期生は除外する。

 

まぁとりあえず肩書き上、秋元・梅澤は別で。飛鳥・山下のドル箱組も一緒にした場合、インフルとかアクチュアリィがお蔵入りになる可能性があるので分ける。遠藤・ハルカキも分けといた方が無難そう。なお、各人の体を頭頂部から真っ二つに割って両機に半分ずつ乗せれば最悪「コピー→反転ペースト」で乗り切れそうだが、片足歩行は大変そうなので今回は考慮しないことにした。あと今野君は菊池君に「お前JALな(笑)」って言ってそう。

 

そんなこんなで、昨今のミーグリ完売結果や30th選抜などもろもろリファレンスしながら一考してみた各搭乗者リストがこちら。もちろんANAを若干強めに設定した(つもり)。

 

 

ANA

1期生 : 飛鳥、和田

2期生 : 鈴木

3期生 : 梅澤、与田、久保、阪口、吉田

4期生 : 賀喜、筒井、掛橋、清宮、弓木、林、矢久保、松尾

 

 

JAL

1期生 : 秋元、樋口

2期生 : なし

3期生 : 山下、岩本、佐藤、向井、伊藤、中村

4期生 : 遠藤、田村、早川、柴田、金川、北川、佐藤、黒見

 

 

ホンマか? わからん。

 

 

要するにこれ、商材としてのシンメを探せゲームな気がしてきた。センター張れるとかラジオ出来るとか年長者キャラとか外番組に使えるとか、諸々考え始めると普通に狂いそうになる。というか天空アイドルなんだから他人に頼らず飛んで欲しい。

 

 

 

 

【補足】

万が一、上記のような万全の対策を取った上でも万が一、乃木坂の乗った飛行機が2機とも堕ちちゃった場合を考えて(毎日特定の方角を拝む人たちに双子のタワーへズッコンバッコンされたりとか)現乃木坂メンバーの代替となりそうな人材、要はバックアップも(主要人物だけ)一応考えてみる。

※あくまでも筆者個人の見解です

※※当ブログはネタブログです

 

 

 

山下美月 → 小倉唯

 備考:声優界一可愛いんだから声さえなんとかすればいけるやろ

 

 

 

与田祐希 → 小栗有以

備考:顔のみならず胸部パーツまで再現できる完成度(タミヤ製)。すごい

 

 

 

◯田村真佑 →  加藤史帆

備考:大喜利とかやったら多分バレる

 

 

 

◯賀来遥香 →  看護師のお姉さん

備考:ナチュラルにエロい

 

 

 

齋藤飛鳥 →  マッチ棒

備考:マッチ棒

 

 

 

◯遠藤さくら →  該当者など存在しない

 備考:終末の後に忠誠を誓った御霊のみが彼の地へと還る。そこは永遠の安息が約束された祝福の大地である。故に我ら十字軍となりて浄化に先立ち穢らわしき異端者を排除するための道徳的恩赦を賜い、唯一の主の御言葉のままに大安を求むる。浄化に際して燃え上がるべき激情を異端者以外に向けてはならない。恐懼してはならない。殉教者となってはならない。これは無二の宣託である。

 

 

 

 

とりあえずこれくらい用意しとけば三ヶ月くらいは誤魔化せると思うので、その間に日銀の貸金庫の中に保管されているDNAからクローンを生成すれば問題なく乗り切れると思われる。唯一問題点を挙げるとすれば、倫理的問題を解決できていないこととマッチ棒は自発的に動かないことくらいか。

 

 

 

以上、『コロナ禍における正しい資産運用と慢性的偏頭痛の相関関係からみる、遠藤さくらNFT化のための一試論』でした。ぶっちゃけ当ブログはネタブログですが、飛行機分けるくらいは結構真面目にやってるんじゃないかと思っています。ほぼ絶対にしていない。

 

最後に今日の一言。本社会議室で日常的に行われているであろう会話。

 

 

 

 

 

 

 

「おい!!遠藤さくらバックアップ取れてんのか!!!おい!!!」

汝、異端者なり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:顔面指数が認識者の状態によって左右されるような爆乳の女